ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AKB48 小嶋陽菜、映画『テッド2』日本語吹替え版完成の舞台挨拶に登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8月18日東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて、映画『テッド2』日本語吹替え版の完成を祝して、“くまプレミア”イベントが開催。日本語吹替え版テッドの声を担当した有吉弘行は黒のタキシード、テッドもふもふファンクラブ代表の小嶋陽菜(AKB48)は黄色いドレス姿で登場した。

有吉は「字幕の方が面白いので、ぜひもう一度字幕版を観て下さい!」、小嶋は「もふもふファンクラブ代表としてテッドを応援します!」と挨拶。

日本一短い&もふもふなレッドカーペットを歩いた感想を問われた有吉は「もふもふな感じもほとんどなくて、中途半端でしたね。滑りそうだし。映画も滑らないといいですね!」と早速毒舌で返していた。

『テッド2』の感想について、有吉は「相変わらずくだらない映画ですね。まあ楽しいですよ。今回は感動するところも多かったですしね」と語る一方、小嶋は「今回はテッドが泣いちゃうシーンがあって、ちょっと感動しました」と、テッドに感動を覚えたと明かしたが、テッドがウケる理由について問われると「内容とかじゃなくて、クマがみんなすきなんですよ!」と実にシンプルな回答で会場の笑いを誘っていた。

さらにこの日は、日本語吹替え版完成のお祝いを直接伝えたいとして、テッドと、テッドのクマ友が大集合。熊本のくまモン、北海道・夕張のメロン熊、長野県観光PRキャラクター・アルクマ、神戸のコーベア―、北海道のゾンベアーがサプライズで会場に訪れ、観客も大感激。登場するやいなや、小嶋に抱き付くテッドに「腰を振るんじゃない!」と突っ込む有吉に会場からは大きな笑いが起こっていた。

お祝いの気持ちを表現するために、くま友がダンスを披露する事となり、日本一テッドの気持ちが分かる有吉に、最もテッド愛を感じるくま友、“ベスト・サンダーバディ賞”を選んでもらうことに。

小嶋にハグしてもらえる権利も獲得できるとあって、くま友は興奮した様子を見せながら、1作目の代表的な曲「サンダー・バディソング」にあわせて、それぞれ精一杯のダンスを披露。

その中でも最も激しい動きを見せていたメロン熊にサンダー・バディ賞が贈られ、「怖いイメージ…」とちょっとだけビクビクした様子の小嶋にハグしてもらうはずが、自らハグをお見舞いし、他のくま友から羨望のまなざしを受けていた。

最後に、くま友の一員となってもらうために、テッドより小嶋へくま耳をプレゼント。テッドの熱い視線を浴びながらくま耳をつけた小嶋も加わり、日本一暑苦しい記念撮影で幕を閉じた。

関連リンク

■AKB48 公式サイトhttp://www.akb48.co.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP