ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米国の人気オーガニック専門スーパーが、低価格を実現できる理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国では、消費者のヘルシー志向の高まりにつれて、オーガニック市場が年々拡大傾向。

オーガニックトレード協会(OTA)の調査によると、米国のオーガニック市場は、2014年、391億米ドルに達し、前年比で11.3%増加している。

・高品質のオーガニック商品を割安でオンライン購入

「Thrive Market」は、「健康的な生活を、より簡単で、手ごろで、取り入れやすいものに」をミッションとする、オーガニック商品専門オンラインスーパーだ。

食品、日用品、ベビー用品、化粧品、サプリメントなど幅広いジャンルにわたって、品質の優れた商品のみを厳選し、2500を超えるアイテムを市価よりも25〜50%安い価格で販売。

一般的なオンラインスーパーと同様、インターネットにさえつながれば、いつでも、どこからでも、商品の検索から注文、決済までを行え、購入した商品は、指定場所まで配送される。

米ロサンゼルスで2014年11月に開設されて以来、会員数は米国内で100万人を突破。

月次売上高は500万米ドル規模にのぼる。

・低価格を実現するための秘策は?

Thrive Marketは、年会費形式の会員制となっているのが特徴。

59.95米ドルの年会費を支払った会員のみ、このオンラインスーパーを利用できる仕組みだ。

実店舗を持たないオンラインショップ方式を採用することで、事業コストを抑制するのみならず、会員から得られる年会費を収益源とすることで、商品の低価格化を実現している。

・コストコのオーガニック専門オンラインスーパー版

会員からの年会費を収益源としている代表的な事例としては、会員制倉庫型卸売小売チェーンのコストコ(Costco)が広く知られている。

Thrive Marketは、いわば、“コストコのオーガニック専門オンラインスーパー版“ともいえるだろう。

Thrive Market

 

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP