ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

FOMAプラスエリアに対応した「Huawei Mate S」がGCFの認証を取得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Huawei 未発表の「Huawei Mate S」が 8 月 10 日付けで Global Certification Forum(GCF)の認証を取得し、この製品名の Mate 新モデルの存在が確認されました。Mate S は IFA 2015 イベントで発表されると見られている Mate 新モデルで、一部では「Huawei Mate 8」として発売されるとも伝えられていました。別に Mate 8 が存在するのかどうかは未確認です。Mate S は GSM(850 / 900 / 1800 / 1900MHz)、WCDMA(800 / 850 / 900 / 1700AWS / 1900 / 2100MHz)、LTE(Band 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28 / 40)に対応しています。FOMA プラスエリア対応なので、日本でも発売するつもりなのでしょう。Source : GCF


(juggly.cn)記事関連リンク
GoogleフォトのWEB版でタイムスタンプの編集や配置の入れ替えが可能に
1ShopMobileがGalaxy Note 5 4G+(SM-N920I)の販売を開始
Android 6.0 MarshmallowでGoogle Nowのスワイプアップジェスチャーが廃止された模様

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP