ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【著者に訊け】牧久氏 新作『満蒙開拓、夢はるかなり』を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【著者に訊け】牧久氏/『満蒙開拓、夢はるかなり 加藤完治と東宮鐵男』(上・下)/ウェッジ/各1600円+税

 彼らにとって右の反対は左ではなかった。キリスト教と神道、日本人と匪賊もそう。あくまで目指すのは日韓満蒙漢の五族協和であり、王道楽土の建設だった。

『満蒙開拓、夢はるかなり』は、かの悪名高き満蒙開拓事業の中心人物、加藤完治と東宮鐵男の実像を追った労作だ。悪名と書いたが、満州国軍政部で入植地確保等に奔走した東宮が〈受け入れ側の“満州移民の父”〉なら、茨城県内原にあった日本国民高等学校校長として多くの若者に開拓精神を説いた加藤は〈開拓の母〉と言え、今なおその人柄に心酔する者は少なくない。

 だが戦後、東宮は張作霖爆殺事件(昭和3年)の実行犯として東京裁判で指弾され、一方〈青少年義勇軍という“侵略の先兵”を育て満州に送り込んだ〉として公職から追放された加藤も、〈うらぶれた“農聖”〉などと叩かれた。あえて言うなら彼らはあまりに純粋すぎ、結果が惨すぎたのである。

 著者・牧久氏には元国鉄総裁・十河信二の生涯を描いた前著『不屈の春雷』があり、本書もその延長にある。同書を読んだ東宮の係累から連絡があり、戦後テロリスト扱いされた東宮の真の姿を書いてほしいと戦前の資料を託されたのだ。同じ頃、加藤の四男・弥進彦(やすひこ)氏からも〈父の実像を先入観なく客観的に書いてくれるなら〉と資料一式を託される。それほど満蒙開拓の実像は今に伝えられていないということでもある。

「戦後は一転して全否定される中、遺族は口を噤むか、何も語らせてもらえなかったんです。例えば東宮は昭和12年の杭州湾上陸作戦で戦死しますが、これは建国の精神を忘れた満州国を痛烈に批判した抗議の自死だと、盟友の山田與四郎は書いている。一方、加藤も戦後は白河に入植して引揚者の受け入れや食糧難解消に尽力した。彼らは本当に侵略主義者だったのか、ひいては石原莞爾をどう評価すべきかを私は今一度問いたかった。

 石原は満州事変の首謀者としてとかく悪玉扱いされますが、対中戦争に最も反対したのも石原なんです。私は右翼でも歴史修正論者でもないが、特定の史観で歴史を裁くのはその時代を生きた人に失礼ですから」

 加藤は明治17年、本所で炭問屋を営む元平戸藩士の家に生まれる。金沢四高~東京帝大工科大学へ進むが、家族を相次いで亡くし、キリスト教や古神道に傾倒。自身も結核で3年間休学し、農科大学転入後、今度は婚約者が病死するなど、理想の農業を自ら泥に塗れて語る豪快な農本主義者には、そんな過酷な青春があった。

「農本主義というと戦後は丸山眞男がファシズムだと言ったり、誤解が多いんですが、五・一五事件の橘孝三郎にしろ宮沢賢治にしろ、その根底には搾取や凶作に喘ぐ小作の解放や、トルストイ的な人道主義があった。

 加藤の場合は自ら農民となる道を選び、後の農相・石黒忠篤や那須晧らと自作農化を訴えるが、法案は通らない。残る手は移民しかなく、農家の次男三男の自立の場を満州の未墾地に求めたのは自然なことでした」

 一方、東宮は明治25年、前橋生まれ。陸士卒業後、シベリア出兵に志願し、この時の体験が〈革命で祖国を追われたロシア人の生き残りたちと協力して、日本人の開拓移民村を作り、「理想の共和国」建設を目指す〉という夢に結実していく。

 そんな2人を結びつけたのが石原である。本書では当時「満州某重大事件」と呼ばれた張作霖爆殺事件や満州事変、満州国建国に至る経緯を膨大な資料をもとに検証。一度は退官も覚悟した東宮は吉林軍軍事教官として満州に呼び戻され、石原の紹介で加藤と出会い、夢の〈受け持ち分担〉を熱く語り合う同志となった。

「例えば後の東条英機暗殺計画でも名前の出る浅原健三なんて、八幡製鉄のストを率いた完全なサンディカリストですよ。石原はその浅原も重用した。右とか左ではなく相手の人間性を見る信頼関係が、彼らの間にはあったということです」

 当初入植地の佳木斯周辺には匪賊が出没し、〈俺たちを騙したな〉と団員が銃を取る事態も起きる中、第一次の弥栄村、第二次の千振村を成功させた加藤はこう檄文を寄せた。

〈誰も耕していない満蒙の天地には決して所有者はない。ただ神があるだけである。その神の土地を汗水たらして開拓して、人類生存に必要な物資を生産することは、善であると堅く信じて、満蒙の奥地に飛び込むべきである〉

「東宮も〈『満州ゴロ』的人物〉を移民に採用するなと書いていて、単に満州で一旗揚げようとする功利主義者を石原も含めて一様に毛嫌いしたのが面白い。農とは善であり、土と向き合うことで精神すら浄化されると信じた彼らの理想は原始共産主義とも言えますが、現実はそうもいかなかった。満州国の変質に失望した東宮は壮絶な最期を遂げ、加藤は手塩にかけた教え子を〈根こそぎ動員〉され8月9日のソ連参戦で次々に失います」

 純粋すぎた夢の苦すぎる結末には、加藤の門下生らも心を痛めていたという。

「生存者に『僕らは侵略者なんでしょうか』なんて聞かれるとつらくてね。むろん政治家なら結果にも責任を負うべきです。でも純粋に開墾に励んだ彼らが自分を責める必要は絶対にない!

 彼らのためにもなぜ当時27万人もの開拓民が渡満し、8万もの人が犠牲になったのか、過程や背景を検証する必要があった。個人史などでは引き揚げの悲惨さばかりが強調されがちですし、ともすれば開拓民の犠牲は自業自得とされ、広島・長崎のような慰霊もされません。

 かつての国策・満蒙移民は現に忘れられつつあり、その落差の象徴が、戦中は開拓の父と崇められ、戦後全否定された加藤や東宮だと私は思う。いかに結果は苦くとも、闇に葬ったままでいいわけがないんです」

 彼らの夢が人を惹きつけ、歴史のうねりとなっていく様は、読んでいて心が動かされる半面、恐いとも思う。

「それこそ東宮の従兄弟で詩人でもあった東宮七男がこう書いています。『純粋な人はその純粋さに比例して不遇である。しかしその不遇さこそ何物にも代えがたい光を放つ』と。私も個人的にはついそこに引き寄せられちゃうんですけどね。特に純粋な男はその分、本当に危なっかしい……」

 だからその時、誰が何をしたかを、牧氏はジャーナリストとして客観的に書く。思えば彼らの純粋さもまた、是非をも超えた歴史的事実なのだ。(構成/橋本紀子)

【著者プロフィール】牧久(まき・ひさし):1941年大分県生まれ。早稲田大学第一政治経済学部政治学科卒。1964年日本経済新聞社に入社。ベトナム戦争中のサイゴン特派員、社会部長、代表取締役副社長等を経て、2005年テレビ大阪会長。現在日本経済新聞社客員。著書は他に『サイゴンの火焔樹―もうひとつのベトナム戦争』『特務機関長 許斐氏利―風淅瀝として流水寒し』『「安南王国」の夢―ベトナム独立を支援した日本人』『不屈の春雷――十河信二とその時代』。163cm、61kg、A型。

※週刊ポスト2015年8月21・28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
満州で兵士が5歳児に竹槍渡し家族の仇討命じたと元兵士述懐
餃子が日本で初めて登場する文献に徳川光圀の名前が存在する
なぜ「敗戦」と言わずに「終戦」と言うのか その理由を考察

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP