ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

桑田と清原の運命を分けたドラフト会議「30年後の真実」とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年も夏の全国高校野球大会が日本中をにぎわせている。30年前、甲子園をわかせたPL学園の清原和博と桑田真澄のKKコンビは、ドラフト会議で巨人の1位指名確実と言われた清原が指名されず、桑田が巨人から1位指名を受けた衝撃的なプロ入り経緯でさらに注目を集めた。あのとき、いったい何が起きていたのか。『「巨人V9──50年目の真実』などの著書があるジャーナリストの鵜飼克郎氏が、30年後の真実をレポートする。

 * * *
 札束を武器に大物選手を獲得してきた巨人にあっても、1985年のドラフト会議は、とりわけ衝撃を与えた。この年の目玉は“KKコンビ”として甲子園を沸かせたPL学園の桑田真澄と清原和博だった。

 清原はいち早くプロ入りを宣言しており、尊敬する王監督が率いる巨人を希望。巨人も清原の1位指名を公言し、相思相愛と見られていた。一方の桑田は卒業後の進路として早大進学を打ち出し、「プロ入りの意志表明となる退部届を出さず、早大の特別選抜試験の受験票まで報道陣に見せていた」(スポーツ紙編集委員)。

 ところが、11月20日のドラフト会議で巨人が1位指名したのは桑田だった。早大進学と判断していた他球団は指名を回避したことで、巨人の単独指名となったのだ。清原は競合の末、西武が指名した。

 裏切られた清原は会見で悔し涙を流し、進学を表明していた桑田は前言を翻して巨人入りを決める。

 巨人と桑田の密約があったのではないか二人の運命を分けたこの騒動は国会の参院文教委員会で討論されるまで発展した。清原は専属評論家をする日刊スポーツで当時を振り返っている(2013年10月24日付)。

「クラスメートも騒然とする中、確か桑田はスーッと教室を出ていったんじゃないかな。(中略)その後は凄い騒ぎだった。(中略)チームメートが「許せん」と言って、金属バットを持って桑田を探し回ったり。学校に抗議や脅迫が殺到して、警察が教室を見張っていた期間もあった。(中略)ドラフト当時は、桑田に対して思うところはあった。正直、憎かった時期もある。何で言ってくれなかったかなとね」

 巨人が疑われても仕方がなかった。伊藤菊雄スカウト部長が自分の息子をPL学園野球部に進学させていたのだ。「規約では球団関係者は監督以外とは接触できなかったが、伊藤さんは父兄として堂々とKKや両親、学校関係者と会うことができた」(高野連関係者)

 清原が会見で人目をはばからず号泣したことも騒動に拍車をかけた。これはドラフト前日に王監督が直々に清原へ「明日、君を指名するからよろしく頼む」とかけた電話が号泣の原因とされている。

「巨人は1位清原、2位桑田のシナリオを描いていた。1位は相思相愛の清原を指名し、2位で桑田を獲得するというもの。巨人がアピールした清原との相思相愛ぶりや桑田の早大進学宣言もこの布石だった。ところが、当日に西武も2人獲りを画策していることがわかり、急遽巨人はドラフト当日に戦略を変更。正力亨オーナーの最終決断で桑田の単独指名を決めたといわれている」(前出の編集委員)

 果たしてどこまで桑田は知っていたのか。早大受験中止を決めた桑田は「巨人に指名されても絶対に行かないとは言っていない。うそをついたと思われるなら、思われても仕方がない」と会見した。

 密約の有無は当事者が口を開かない限り明らかにならない。が、在京球団のスカウトの一人は「当時の球界は、いい選手がいればどんな手を使ってでも獲得にかかっていた」と話す。  

 この言葉がすべてを物語っているのではないか。

※SAPIO2015年9月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
PL→巨人ドラ1橋本清氏 PLがプロ養成学校だった時代を語る
内川、多田野、一場、長野…2000年代ドラフトの事件振り返り
「野球のドラフト指名は人脈・系列・縁故がモノいう」の証言

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP