ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ケリー・クラークソン、今度はラナ・デル・レイをサプライズ・カバー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現在敢行中のツアー【Piece by Piece Tour】でファンからリクエストを受け付けているケリー・クラークソンが、8月15日のラスベガス公演では、ラナ・デル・レイの「オフ・トゥ・ザ・レイセス」を要望する声に応えた。

 どんな曲でも自身の解釈を注入しながらカバーできることを、またもや証明してみせたクラークソン。ラナ・デル・レイのアルバム『ボーン・トゥ・ダイ』に収録された「オフ・トゥ・ザ・レイセス」も、クラークソンが今ツアーのセットリストに散りばめた他アーティストの楽曲リストに加わった形だ。

 なお、彼女はここ最近、ブライアン・アダムスの「ヘヴン」やテイラー・スウィフトの「ブランク・スペース」、マイリー・サイラスの「レッキング・ボール」をその他ライブで披露し、ファンを驚かせている。

 ケリー・クラークソンが「オフ・トゥ・ザ・レイセス」を歌う様子は、ファンがネット上にあげた映像などで確認できる(Kelly Clarkson Covers Off To the Races by Lana Del Rey)。

関連記事リンク(外部サイト)

カート・コバーン(ニルヴァーナ)ドキュメンタリー映画 ブルーレイ&DVD発売決定
カーリーが1組のために「アイ・リアリー・ライク・ユー」を披露、「ずっと幸せに!」
ハービー・ハンコック&ウェイン・ショーター来日記念で質問を募集

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP