ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『JAZZ JAPAN Vol.61』に星野みちる登場 ジャズ中古盤市場の“今”を特集

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 8月22日に発売となる『YOUNG GUITAR』10月号増刊『JAZZ JAPAN Vol.61』。同誌に掲載されるジャズ中古盤市場に焦点をあてたコーナー“リサイクルのすゝめ”にて、星野みちるがナビゲーターを務めることになった。

 昨今、再び注目を集めているジャズ中古盤市場。ビンテージ市場の定番とされてきたオリジナルLPから、出現以来32年が経ったCDにいたるまで、ジャズ・ソフトの一翼を担う中古盤市場の“今”を、星野みちるをナビゲーターに「リサイクルのすゝめ」と題し大特集。

 また、7月に急逝した菊地雅章の追悼企画を掲載。愛娘あびが父を語るインタビュー、本田珠也の追悼文、菊地の名盤紹介などで構成される。

 さらに、欧州ジャズフェスに出演しその実力を世界に知らしめたSOIL&“PIMP”SESSIONS、桑原あいトリオ・プロジェクトの他、ウンサン/木住野佳子/ジョン・マクラフリン/デビッド・ベノワ/東京キネマ・ジャズトリオ等が登場する。

◎『YOUNG GUITAR』10月号増刊『JAZZ JAPAN Vol.61』
2015/8/22 RELEASE
A4変型判 / 176頁 / 1,030円(税込)

関連記事リンク(外部サイト)

【RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015 in EZO】安全地帯、聖飢魔II、10-FEETらが北の大地で繰り広げた音楽の祭典
ギルバート・オサリバン、新作アルバム『ラテン・アラ・G』を携え2年半ぶりのビルボードライブ公演
ハービー・ハンコック&ウェイン・ショーター来日記念で質問を募集

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP