ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソーラーパネルで発電するTシャツ 自前でスマホを充電、しかも洗える!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SolarShirt電子デバイスの充電に、ケーブルとモバイルチャージャーを欠かさず持ち歩いている人も多いだろう。

でも、充電のために機器を持ち歩かずに済む手段があったとしたら?

そんな願いを形にしたのが「Solar Shirt」というユニークなTシャツである。

・ソーラーパネル搭載のTシャツ

ファッションデザイナーのPauline van Dongen氏が、テクノロジー会社Holst Centre、TNOとコラボレーションして開発したもので、なんとソーラーパネルが搭載されたアパレルグッズなのだ。

・曲げたり、のばしたりできる特殊な素材を使用

「Solar Shirt」には、Holst Centre社の伸縮可能な電子部品の技術が用いられている。

この独自技術のおかげで、引きのばしたり曲げたりしても、電子装置の機能を損なうことはなく、洋服の生地にソーラーパネルを組み込むことが可能になっている。

また同時にアパレルグッズとして、デザインや機能性を邪魔したり、体の動きを妨げたりすることもなく、着心地のよさを実現した。

・120個のソーラーパネルで発電

シャツには、120個の薄いフィルム型ソーラーパネルが搭載されていて、これが太陽光を集める。

明るい太陽の下では、およそ1ワットの電気を発電可能で、屋内であっても、バッテリー寿命を延ばす役に立ってくれるはずだ。

・スマホなどのデバイスの充電に

シャツの前側がポケットのようになっており、そこにプラグを差し込み、スマートフォンやMP3プレイヤー、カメラなど、USB対応の電子デバイスの充電をおこなえる。ちなみに充電していないときは、普通のポケットのように使える。

・しかも洗えるから安心!

ところで、テクノロジーを搭載した特殊なシャツだからといって、やはり洋服なのだから洗えないと困るが、この「Solar Shirt」は洗っても大丈夫なのでご安心を。

開発チームでは今後、カーディガンやメンズシャツタイプなど、さまざまなアパレルグッズへの展開も視野に入れ、市場化を進めていきたい意向だという。

クリーンエネルギーを活用し、自分が使うデバイスに必要な電力は自家発電して持ち歩く……なんていう時代も近いのかもしれない。

Solar Shirt

Holst Centre

TNO

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。