ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

佐々木信也氏 選手呼び捨てできぬ解説者は話にならぬと批判

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 かつて『プロ野球ニュース』(フジテレビ系)の司会者として人気を博した佐々木信也氏(81才)は、野球中継が見られない現状を憂う。その最大の理由は、中継自体が減ったことだが、試合時間が長くなり過ぎたことも問題だという。佐々木氏が現役だった頃は2時間で試合が終わっていたが、昨年は平均3時間17分だった。それだけでなく、さらなる問題も指摘する。

 * * *
 この人の喋りが聞きたい、という解説者がいない。昔に比べて、明らかに解説のレベルが落ちています。聞いている視聴者が「そうだ、そうだ」と拍手を送りたくなるような名解説がない。
 
 選手を叱る解説者がいない。私はよく“辛口”といわれましたが、いいプレーは褒めて、悪いプレーは叱る。本当のことを言っているだけのこと。選手の名前を呼び捨てにできず、○○君とか、××選手などといっているようでは、話にならんですな。
 
 BSやCSでの中継だけではマニアのスポーツ。かつてのように国民的スポーツといえるよう、地上波でのプロ野球中継を取り戻すために、各自が知恵を絞らなくてはなりませんね。

●ささき・しんや/1933年、神奈川県生まれ。慶大卒業後、高橋ユニオンズに入団。実働4年で引退し、26歳の若さでNET(現・テレビ朝日)の解説者に就任。1976年からは『プロ野球ニュース』(フジテレビ系)の司会者として人気を博す。

※週刊ポスト2015年8月21・28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
オリックス球団社長を11年務めた男が球界の舞台裏著した本
野茂英雄、福本豊、伊藤智仁、王貞治の「伝説の真実」に迫る書
王貞治インタビュー他プロ野球逸話を満載した二宮清純氏の本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP