体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スペック以上の価値アリ!TONEスマホの魅力

スペック以上の価値アリ!TONEスマホの魅力トーンモバイルのオリジナル端末「TONE」。MVNO事業者が群雄割拠する中で、ペアレント機能を中心とした独自性に注目が集まるTONEを実機レビューします。

外観・スペックの確認
まずはTONEの外観と価格からですが、freebitのPandAをベースにしており、価格は24,000円。

スペック以上の価値アリ!TONEスマホの魅力

5.5インチディスプレイ、重量は約189gと手に持つと中々の存在感です。

スペック以上の価値アリ!TONEスマホの魅力

背面にはTポイントカードでお馴染みのロゴがお目見え。端末の下部にはmicroUSB端子とマイクがあり、上部にはイヤホン端子が配置されています。左側面にはSIMスロット。デュアルSIMで2枚SIMカードを入れることができますが、1枚はGSM限定のため日本国内では使えません。右側面にはmicroSDスロット、ボリュームキー、電源キーがあります。

スペック以上の価値アリ!TONEスマホの魅力

 

背面はスピーカー、カメラ、フラッシュが配置されています。カメラがすこし飛び出しているので引っ掛けたりしないよう注意が必要。全体的にデザインはオーソドックスなので、子供からお年寄りまで幅広い年代に受け入れられるのではないかと思いました。

スペックの詳細は以下のとおりです。

モデル名 TONE
RAM/ROM 1GB/4GB
外部ストレージ microSD(最大32GB)
ディスプレイ 5.5インチ qHD(960×540)
サイズ/重さ 151×77.5×9.5
約189g
バッテリー容量 2,500mAh
カメラ メインカメラ:800万画素
インカメラ:200万画素
周波数帯 GSM:850/900/1800/1900
3G:800/850/1900/2100
Wi-Fi IEEE 802.11 b/g/n

手頃な本体価格を考慮してもスペックは決して高くありません。特に5.5インチqHD解像度のディスプレイは発色も最新機種と比べると良くありませんでした。通信方式もLTEに非対応の3Gのみ。使ってみると極端な遅さは感じないものの、3Gは今後LTEに通信の帯域幅が切り替わっていくことが予想されますので、今後どう変化するのかが気になります。

 

 

スペックではなく、独自性に注目する
スペックを中心に見ると、同じ価格帯ならg02が、プラスで1万円予算を増やせば、HUAWEI P8liteや、ZenFone 2Laserといったコスパに優れた格安スマホがあります。しかしながら、TONEは独自の機能が多々盛り込まれており、他メーカーのスマホとは違った魅力を演出しております。

 

スペック以上の価値アリ!TONEスマホの魅力 スペック以上の価値アリ!TONEスマホの魅力

作りこまれた独自のホーム画面からはその意気込みを感じます。左が通常のホーム画面「スタイル」で、右はキッズ向けの「Teen」。スタイリッシュなデザインで必要な機能だけに絞っており、キッズはパズルを組み合わせるようにアプリを配置して楽しめるようになっています。

他にも一般的なAndroidのデフォルトホーム画面と、より操作をカンタンにしてくれる「シンプル」といったホーム画面が用意されています。

スペック以上の価値アリ!TONEスマホの魅力
1 2次のページ
デジタル・IT
SIM通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会