ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デカ盛り級!「冷やし中華始まってました」な夏2015 @『七麺』東京都町田市

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

日本の夏と言えば”冷やし中華で始まる”と言っても過言ではなく、中華屋さんの「冷やし中華始めました」の文字は、日本の初夏を象徴する風物詩かと存じます。

と、言う訳で今回は『七麺』の『冷やし中華』を紹介してみましょう。

町田で30年以上続く『七麺』

東京都の町田市、それも『仲見世商店街』と言うディープゾーンに位置する『七麺』の歴史はそこそこ古く、すでに30年以上続いている名店です。

まあ、八王子とかだと『八王子ラーメン』の歴史もあるので30年とか珍しくはありませんが、町田で30年以上続いているラーメン屋さんは、そう多くはありません。

ちなみに町田で最初に生まれたラーメン屋さんは、多分『くろ○ぼ』かと思われます。

っていうか、今となっては店名をフルネームで書く事すら出来ない激レアな店名ですが、確か町田の仲見世商店街ら辺にあった、謎のラーメン屋さんと聞いております。

もっとも、とっくの昔に閉店し、今ではその店名すら知らない人が多い伝説のラーメン屋さんなんですけどね。

『冷やし中華』(大盛り)を食す!

すでに軽く町田の『ヌードルズ』で食べて来たので、さして空腹感はないのですが、やはりココは『爆食放浪記』なので大盛りにしてみた次第です。

ちなみに『七麺』の『冷やし中華』は普通盛りでも「1200円」で、大盛りだと「1400円」と、御世辞にも安いとは言えないのですが、このボリュームを見れば納得の一品かと存じます。

いや……コレは久しぶりに”本気の俺”が出ないと駄目な予感ですね……。

最近は”デカ盛り”を避けているので、ちょっと不安を感じますが、大阪では連食を重ねていたので、どうにかなると思います。

若干、写真だと盛りっぷりが伝わりにくいのですが、横に置いてあるコップの大きさを見て判断して下さい。

ちなみに筆者は、こんな『冷やし中華』のモンスターを肉眼で見た事はありません……。

具が多過ぎる『冷やし中華』ってどうよ?

写真を見れば一目瞭然ですが具が多いです。具が少ないよりは具が多い方が幸せになれる気もしますが、モノには限度ってものがあります。

きくらげ的な何か、キュウリ、ハム、フリルレタス、ワカメ、錦糸卵、チャーシュー、豆腐、紅ショウガ。

これだけの具材が入っているのですから、まあ千円越えの価格も納得でしょうか?

問題はコレだけの具材が胃袋に入るか否かですね……。

スープは酸味がキツいぞ!

酸味が皆無の『冷やし中華』も、それはそれで悲哀が漂いますが、すすると”むせる一歩手前”までの酸味がある『冷やし中華』も、人によっては賛否が分かれる所ですね。

まあ、筆者はあまり「麺を啜らない派」なので問題ないのですが、となりの人は激しくむせていたのが印象的です。

ここまで人をむさせるのは『ボトムズ 炎のさだめ』か『七麺』くらいなモノでしょうか?

ちなみに酸っぱい酸っぱいと書いていますが、この『七麺』の『冷やし中華』は美味しいと思いますよ。

むしろ、変に甘さが前に出てくる『冷やし中華』よりも、全然好みです。

食べ手に求められるタクティクス

たかが『冷やし中華』ですが、こんくらいのモンスター級になると完食する為には戦術が必要です。

しかも盛りがモリモリなので、最初に全体を混ぜる食べ方は難しいと予想されるので、局地的なゲリラ戦を繰り広げる必要があります。

と、なるとまずは待避させやすい”ハム”を移動させ、麺を部分的に掘り進めるのが正解でしょう。

麺の量が半端無かった件

そして、ちょっと掘って気づいたのですが、麺の圧縮加減が予想よりもキツい事実…

最初は3人前くらいの麺量かと思っていましたが、コレは確実に4人前、すなわち”4玉コース”で御座います。

まあ、筆者の場合はオダサガのラスボス『焼肉はせ川』で鍛えられているので、このくらいなら余裕です。

ちなみに麺は茹で加減も締め加減も良く、普通に美味しい『冷やし中華』でした。

古い店で自家製麺らしいので、もしかしたら”かんすい”がキツいかもと思ったのですが、意外と美味しい麺で安心した筆者です。

まさに具材無双の戦国絵巻の図

ピンポイント攻撃で橋頭堡を確保し、そこに各地に散らばった具材を呼び寄せて、麺をやっつける作戦を展開します。

この方式だと召還する具材のバランスで、味に変化が出るのでボリュームがあっても飽きません。

前半は”ハム天皇”を軸に、その他の武将(具材)を合わせて食べ進みましたが、何気に『七麺』の『冷やし中華』は美味いので余裕もありました。

群雄割拠する武将達の働きも素晴らしく、かなりのハイペースで麺を半分食べる事が出来ました。

特に戦力外と思われていた”豆腐将軍”が意外に良い仕事をしてくれ、新しい『冷やし中華』の可能性を筆者に示してくれました。

必殺! 天地返し!!

そして後半戦に突入する前に、その筋では必須とされる奥義を使い麺の上下を入れ替えます。

まさか『冷やし中華』で使う事になるとは思わなかった筆者ですが、この『七麺』の容赦ないビネガー感と、時間と共に乾燥してダンゴ状態になる麺の状態を考慮して、臨機応変に対応してみた次第です。

結果、作戦成功!

スープを吸って濃いめになった麺と、乾燥してほぐしにくくなった麺を入れ替える事で、この『冷やし中華』は再び蘇りました。

美味しいチャーシューでフィニッシュ!!!

写真だと隠れて見えませんでしたが、山脈の無効側には”チャーシュー”の細切りが大量にあるので、後半戦もマイペースで美味しく食べる事が出来ました。

昨今の『冷やし中華』は特に原材料の高騰から、深刻なハム不足、もしくはチャーシュー不足に陥りがちですが、大盛り「1400円」は伊達じゃありません。

普通の店の三倍くらいの肉類があるので、この『七麺』の『冷やし中華』においては肉飢饉とは無縁です。

もしも『七麺』で肉が足りなくなったら、それは食べ手側の経験が足りてなかったと言う事でしょう。

結果、最後の最後まで美味しく『冷やし中華』を堪能し、一夏の想い出として筆者の胸に刻まれました。

『七麺』 総評

決して安くはない『七麺』の『冷やし中華』ですが、その満足感はプライスレスです。

終始、具材不足に陥らない安心感は、値段相応の『冷やし中華』である事の強みでしょう。

逆に、ちょっと安くて後半”具材不足”で悶絶したりするよりも、このくらいの価格設定でドーンと出してくれた方が筆者は嬉しいですね。

と、言う訳で来年からは必ず『七麺』で『冷やし中華』を食べて、夏を迎えようと思った筆者でした。

みなさんも是非『七麺』で『冷やし中華』を食べてみて下さい。きっと満足されると思いますよ。

『七麺』(しちめん)

東京都町田市原町田4-5-19 町田仲見世商店街

営業時間 11:30~19:00 火曜日11:30~17:00
定休日:水曜日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP