体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デカ盛り級!「冷やし中華始まってました」な夏2015 @『七麺』東京都町田市

sichi-4_R

日本の夏と言えば”冷やし中華で始まる”と言っても過言ではなく、中華屋さんの「冷やし中華始めました」の文字は、日本の初夏を象徴する風物詩かと存じます。

と、言う訳で今回は『七麺』の『冷やし中華』を紹介してみましょう。

町田で30年以上続く『七麺』

sichi-1_R

東京都の町田市、それも『仲見世商店街』と言うディープゾーンに位置する『七麺』の歴史はそこそこ古く、すでに30年以上続いている名店です。

まあ、八王子とかだと『八王子ラーメン』の歴史もあるので30年とか珍しくはありませんが、町田で30年以上続いているラーメン屋さんは、そう多くはありません。

ちなみに町田で最初に生まれたラーメン屋さんは、多分『くろ○ぼ』かと思われます。

っていうか、今となっては店名をフルネームで書く事すら出来ない激レアな店名ですが、確か町田の仲見世商店街ら辺にあった、謎のラーメン屋さんと聞いております。

もっとも、とっくの昔に閉店し、今ではその店名すら知らない人が多い伝説のラーメン屋さんなんですけどね。

『冷やし中華』(大盛り)を食す!

sichi-3_R

すでに軽く町田の『ヌードルズ』で食べて来たので、さして空腹感はないのですが、やはりココは『爆食放浪記』なので大盛りにしてみた次第です。

ちなみに『七麺』の『冷やし中華』は普通盛りでも「1200円」で、大盛りだと「1400円」と、御世辞にも安いとは言えないのですが、このボリュームを見れば納得の一品かと存じます。

いや……コレは久しぶりに”本気の俺”が出ないと駄目な予感ですね……。

最近は”デカ盛り”を避けているので、ちょっと不安を感じますが、大阪では連食を重ねていたので、どうにかなると思います。

若干、写真だと盛りっぷりが伝わりにくいのですが、横に置いてあるコップの大きさを見て判断して下さい。

ちなみに筆者は、こんな『冷やし中華』のモンスターを肉眼で見た事はありません……。

具が多過ぎる『冷やし中華』ってどうよ?

sichi-9_R

写真を見れば一目瞭然ですが具が多いです。具が少ないよりは具が多い方が幸せになれる気もしますが、モノには限度ってものがあります。

きくらげ的な何か、キュウリ、ハム、フリルレタス、ワカメ、錦糸卵、チャーシュー、豆腐、紅ショウガ。

これだけの具材が入っているのですから、まあ千円越えの価格も納得でしょうか?

sichi-8_R

問題はコレだけの具材が胃袋に入るか否かですね……。

スープは酸味がキツいぞ!

sichi-10_R

酸味が皆無の『冷やし中華』も、それはそれで悲哀が漂いますが、すすると”むせる一歩手前”までの酸味がある『冷やし中華』も、人によっては賛否が分かれる所ですね。

まあ、筆者はあまり「麺を啜らない派」なので問題ないのですが、となりの人は激しくむせていたのが印象的です。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。