ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

認知症が治ると話題のプラズマローゲン 驚くべき調査結果は

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高齢化を迎えた国々の共通の課題は認知症対策。その治療薬は世界中が躍起になって開発にしのぎを削る。しかし治療法は確立されておらず、今後の超長寿時代には“ボケずに生きる”ための処方箋が欠かせない。そんな中、今年に入り、「認知症が治る」と話題になっている物質がある。

 2012年、九州大学の藤野武彦名誉教授率いる研究チームは、アルツハイマー型認知症患者において赤血球プラズマローゲンが低下することを証明した。血液中のプラズマローゲンの減少は、すでにカナダ、アメリカ研究チームが2007年に証明していたが、それが赤血球プラズマローゲンであることを突き止めたのが藤野研究チームだった。

 また、2006年に世界で初めて大量のプラズマローゲンの抽出に成功したのも同チーム。そして昨年から、臨床試験でこの物質による認知症改善への効果が検証されており、大きな注目を集めている。

 プラズマローゲンは、人や動物の組織に存在する抗酸化作用を持ったリン脂質の一種。現在はホタテ貝から抽出したプラズマローゲンが特に有用であることがわかりつつある。

 いま、このホタテ由来のプラズマローゲンを摂取する2種類の大規模臨床試験が進行中。その一つであるオープン試験の中間報告(試験参加者53人)では、驚くべき結果が見られた。服用開始後、1か月で多数の患者に変化が現われ、3か月後には医師評価(認知症診断テスト・MMSE)と、介護者からの評価で試験参加者の60%に顕著な改善が見られたのだ。

 たとえば、言葉や物の意味が不明瞭になる意味性認知症と診断されて3年目の70代の男性。長年連れ添った妻を「うーん、兄弟かな?」と答えるほどの認知症だったが、1か月でMMSE(30点満点)が5点も改善し妻を認識できるようになった。また、MMSEが7点アップした70代のアルツハイマー型認知症の男性は、認知症を患ってから囲碁六段の腕前が初段まで落ちていたが、服用1か月で五段まで回復した。

 このプラズマローゲンは、アルツハイマー型に次いで多く、男性のほうがかかりやすいとされる「レビー小体型認知症」にも有効なことがわかってきた。この認知症は、特有の幻視(虫や人の幻が見える)や、自律神経障害で苦しむ人が多いが、それらの症状が80%の患者で消失したという。

「プラズマローゲンが効く理由の一つとして、この物質が脳内の神経炎症を防ぎ、認知症の発症に深く関係しているアミロイドβというたんぱく質の蓄積を防ぐこと、さらに、加齢とともに年々減っていく脳の神経細胞を新生することが考えられます。これらの結果からプラズマローゲンが認知症のみならず、多くの脳機能障害を改善することが期待できます」(藤野氏)

 藤野研究チームはこれまでにプラズマローゲンの基礎医学・臨床医学の論文をいくつも海外に報告してきた。国内でもその効果を確信した専門医が続々と臨床試験に参加し、認知症治療に新たな光が差している。この9月に一般向けにメカニズムを解説した本『認知症はもう不治の病ではない!』も出版する藤野氏がこう語る。

「認知症になって苦しむのは、本人以上に家族の方々です。だからMMSEの結果よりも、日々のコミュニケーション能力や、社会性の回復のほうが重要なのです。プラズマローゲンは患者さんとご家族の未来に大きな貢献をするでしょう」

※SAPIO2015年9月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
老母の家が認知症でゴミ屋敷化 子が問題解決までを綴った本
自分に合う乳酸菌選び「免疫高める健康法のひとつ」と専門家
感染に気づかず菌を撒き散らすことも多いマイコプラズマ肺炎

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP