ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

芋洗坂係長 劇団四季アラジン挑戦振り返り「10年早かった」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 スーツ姿に短いネクタイ、丸刈り頭に残った前髪がトレードマーク。105kgの巨漢でキレのある激しいダンスを披露する、芋洗坂係長(47才)。そんな自称「歌って踊れるデブ芸人」が昨年、意外なところで注目を集めた。劇団四季のディズニーミュージカル『アラジン』のオーディションに参戦したのだ。しかし、60人の本選まで進んだが結局、落選してしまった。いったいなぜトップレベルのミュージカルに挑戦しようと思ったのか? 本音で振り返ってもらった。

――そもそも、オーディションを受けようと思ったのはなぜですか?

芋洗坂:『アラジン』のジーニーというランプの魔人が好きで、こういう面白い役ができたらな、という思いはずっとありました。ミュージカルで踊りや芝居を本業でやってきましたが、歌がちょっと自分の中で弱かったんです。これを機に自分の実力を思い知って、ちゃんと歌を勉強しようと奮い立たせるためにも、受けて挫折しないといけないなと思って。

――オーディションを受けると決めて、どんな取り組みをしましたか?

芋洗坂:オーディションの1か月前に受けると決めてから、ボイストレーニングを始めました。今までも何度か受けていたんですけど、今回の課題曲が難しい曲だったので、高い声が出る発声法などを教わりました。それで芝居と歌の発声は全然違うと気づきましたね。もちろん腹筋が必要なのは一緒ですが、喉の力を抜いて声帯だけで声を出すと、すごく楽に声が出るんです。それを知らなかったので、声を出しては潰しを繰り返していました。根本から違ったんだなって。

 あと知り合いのミュージシャンが、譜面通りのカラオケを作ってくれたんです。ぼくはピアノを弾けないし譜面も読めなかったので、もらった譜面をどう勉強すればいいのかわからなかったんです。メロディーのガイドラインが入ったカラオケと、伴奏だけのカラオケを作ってくれたので、助かりましたね。それがなければお手上げでした。仕事の空き時間は、常に練習していました。

――すべての役を合わせて、応募総数は1500人。書類審査で500人まで絞ったということですが、芋洗坂さんは最終まで残ったんですよね。

芋洗坂:はい。1次審査は課題曲、ジーニーのテーマソングである『フレンド・ライク・ミー』を歌いました。位置に着いたら、自己紹介も何もなく、「はい歌ってください、用意スタート」で、「ありがとうございました」の流れ作業です。次の最終選考は台詞やダンスも入ってきて、アラジンが魔法のランプを擦ってジーニーが登場して、歌に突入します。

――ジーニー役は何人くらいでしたか?

芋洗坂:1次審査は5、6人ずつ部屋に入って、歌った人からどんどん出て行くので…20人くらいかな? 最終に残ったのは7人です。ぼくと元力士の大至さん以外は、四季所属の劇団員のかたでしたね。ひとりずつ呼ばれるので、他のかたの演技を見られないんですよ。だからスタジオの外から壁に耳をつけて、歌声を聞いていました。うまいなと思いながら(笑い)。

――審査員は、劇団四季のかた?

芋洗坂:四季のかたと、あとはディズニーのプロデューサーとか、ブロードウェイからも来られていて、審査員は8、9人くらい。あと取材陣がずらっとお客さんのようにいました。緊張はしますけど、ぼくはお客さんがいたほうがやる気が出るので(笑い)。ここまで来たら、自分の思い描いたジーニーを楽しく表現するだけだなと思いました。台本は覚えなくていいと言われていたんですけど、ジーニーはアクションができたほうがいいと思って、覚えていきました。

――審査員の反応は、どうでしたか?

芋洗坂:狙ったところで笑いが起こったり、ディズニーの方々に拍手喝采していただいたりして、手ごたえはあったんです。たとえば、ジーニーらしいコミカルな動きですね。この体で身軽に側転したりターンしたり、多重人格のようにキャラクターがコロコロ変わるとか。あと日本版ジーニーということで、ちょっと歌舞伎っぽい見得を切ったりとか、そういうのはウケました(笑い)。

 ただ歌がメインというか、ブロードウェイのオリジナルのジーニー役は、オペラをされているかたですし、歌が一流じゃないとダメなんです。お芝居や笑い、ダンスの部分に関しては、自分の中では表現できたなと思ったので、あとは歌。芝居やアクションのあとに歌うと息が切れたりするので、体力的なものや歌唱力を見て、本番までに仕上げられるのかという期待値は、審査員の方々に委ねるしかありませんでした。それで、だめだと思われたんでしょうね。

――その時の自己採点は何点でしたか?

芋洗坂:70点くらい。受かる望みもあるかなと思いつつ、受かってしまったら、とんでもないプレッシャーだなとも思いました。ブロードウェイのジーニーをYouTubeで見るとすごい迫力だし、全世界に先駆けて『アラジン』が日本に来て、世界中の注目を浴びるわけじゃないですか。ここのステージに立つには、自分には荷が重いなと思いました。

――残念ながら落選してしまいますが、結果をどう受け止めましたか?

芋洗坂:すごく複雑な気持ちでした。落ちてしまったガッカリはもちろんあったけども、世界から注目されてしまうプレッシャーに潰されずに済んでよかったなという、ホッとした気持ち。でもやっぱり、受けたからには出たかったんですけどね。じゃあどれぐらいすごいジーニーが実際に舞台に上がるのか楽しみにしてやろうって。ぼくに勝ったジーニーは、どんな人なんだろうという気持ちもありながら(笑い)。

――ワインボトルを3本空けて、ヤケ酒された写真をブログで公開していましたね。

芋洗坂:実は、1人で飲んだんじゃないんですけどね(笑い)。その晩、友達に飲みに誘われたんです。ちょうどボジョレーが解禁して間もなかったので、今日はヤケ酒だよって。実際ぼくが飲んだのは、ワイン1本と、焼酎を半本くらいですね。酒は好きなんです。

――『アラジン』を見に行ったそうですが、ジーニーはどうでしたか?

芋洗坂:とんでもなかったです。この人で良かったと思いました(笑い)。この人がジーニーだったら、なんの文句もない。拍手喝采でした。

――ちょっと悔しいという気持ちもある?

芋洗坂:そんな事も思えませんでした。そこにいくには、10年早いという言葉を叩きつけられた感じで。それくらいすごかったです。歌唱力も声も動きも素晴らしいし。唯一、笑いの部分に関しては、もうちょっと盛り上がるところはあったなと思うけど、そういうことじゃないですよね、お笑いのライブじゃないので(笑い)。

――四季のオーディションは、機会があればまた挑戦しますか?

芋洗坂:10年分成長したなと思えれば、挑戦するかもしれません。でも、『アラジン』に落ちたことによって、「それならスケジュール空いてる? うちの舞台出てよ」とオファーが増えたんです。ぼくがミュージカルをやっていると知らないかたもいらっしゃったので、テレビとかネットでニュースにしていただいたおかげで、広く知っていただけました。

 一歩、勇気を出して前進することは、失敗しようが何しようが無駄にはならないと思っていたんですが、思いがけず仕事もついてきたので、なおさらオーディションを受けてよかったですね(笑い)。

【芋洗坂係長】
1967年12月18日生まれ。福岡出身。アイドルのバックダンサーなどを経て、1988年に田口浩正と笑いコンビ、テンションを結成。5年後にコンビを休止し、舞台を中心に、パフォーマンスや振り付けなどで活躍。2008年『R-1ぐらんぷり』(テレビ朝日)準優勝。その際に名乗った“芋洗坂係長”が定着し、親しまれている。9月5日、原宿ラドンナにて、昭和のアイドルソングを、芋洗坂係長が歌い踊りまくる『アイドルナイト』開催(13時30分~&19時~の昼夜公演、http://www.la-donna.jp)。

撮影■林紘輝


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ミュージカル『アラジン』 ディズニー作品の中でも大人向け
ジーター 2週間誕生日が早い松井秀喜を「トシヨリ」と呼ぶ
東京ディズニーランドの魅力と楽しみ方をディズニー通が解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP