ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界が感動した「プロサーファーの失格」。その理由とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

プロサーファーの「マーティン・パセリ」は、過去に5度の大会優勝を経験している超有名選手だ。2015年5月に行われた世界大会「National Argentine Surf Championship」で勝てば、その後のキャリアを大きく飛躍させることになるだろうと言われていたそうだ。
が、彼は大会を失格になってしまった。

理由は、人を背負った状態で大会に参加したからだった。

 

大会の会場には車椅子に座って波を眺める男性がいた。マーティン・パセリが背負っていた人物は、ニコラス・ガレゴスさん。18歳の時に事故で下半身まひになった男性だ。

彼の夢は、プロサーファーになること。それは18歳から20年経った今でも変わらなかった。そして、マーティン・パセリは彼のことを知り、自身のキャリアにとっても大きな影響を与えるであろう決断を行った。大会では多くの人が彼のパフォーマンスを心待ちにしていた。

短かくはあったが、ニコラス・ガレゴスさんの夢は世界大会に出場するという最高の形で叶うことになった。しかし、当然ながらマーティン・パセリ選手は失格に。

大会でのインタビューで彼が語ったコメントを以下に紹介する。のちのインターネットで大拡散されることになった、彼の想いを知ることができる。

 

「本当のところ、俺は負けてなんかいない。今までで最高の波だった。人生で一番大きな勝利だね」

Licensed material used with permission by REEFMcCann Buenos Aires

関連記事リンク(外部サイト)

光る波を乗りこなす!世界初のエレクトリカル「ナイトサーフィン」が楽しそう
ハワイで大流行中!新感覚マリンスポーツ「SUP」7つの魅力
超有名サーファーが大会中にサメに襲われた瞬間!でも、パンチして撃退!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP