ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

誰でも簡単!旅のトラブルをミラクルに変える方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Asami Yamada「特別な旅にしよう!ウユニ塩湖でドレスアップしてみた

こんにちは! TRiPORTライターのヤマダです。
前回「中学英語さえあれば海外旅行はどうにかなる」は本当なのかで「語学力は必要ない」とお伝えしました。でも海外への不安は英語だけではないですよね。例えば旅のトラブル。私は今まで十数ヶ国を旅してきましたが、幸運なことに大きなトラブルに巻き込まれたことはありません。

強いて言えば、オーバーブッキングで飛行機に乗れなかったことぐらいでしょうか。大問題じゃないかって? 確かに大変だったのですが、その後に起こったあるミラクルのおかげで楽しい思い出として残っているんです。

地球の裏側で飛行機に乗れない事件

それはボリビアのウユニ塩湖を訪れたときのことでした。ウユニの町から首都ラパス(※1)までは、アマゾナス航空が1日に数便だけ運航しています。ウユニを観光した後に帰りの空港に向かうと、驚きの内容を告げられました。

「前の便の飛行機が整備不備で飛ばず、その乗客を次の便に乗せるのであなた方の席はありません」

狭い空港は大混乱! 幸いなことに英語が堪能な友人がいたので、どうにかならないのか交渉することに。こんなときは英語ができるほうが便利なのは間違いありません。しかし私たちの交渉もむなしく、飛行機には乗れませんでした。その一方で、隣で号泣していた観光客は席を用意して貰っていたので、やっぱり英語があれば全て解決するというわけではないですね。なんだかなぁ(笑)。

結局、私たちは翌日の便に乗ることになったので、その日の宿はアマゾナス航空に用意して貰えることになりました。

(※1)憲法上の首都はスクレであるが、ラパスは行政・立法府のある事実上の首都である。(Wikipediaより)

高級ホテルからトタン屋根の安宿へ

Photo credit: Asami Yamada「特別な旅にしよう!ウユニ塩湖でドレスアップしてみた

上の写真が、私たちが前日まで泊まっていたウユニのホテル。旅程がハードなこともあり、高級ホテル(と言っても物価の違いで1人5000円程度)でしっかり休もうという考えでした。

そしてアマゾナス航空が用意してくれたお宿がこちらです。

Photo credit: Asami Yamada「特別な旅にしよう!ウユニ塩湖でドレスアップしてみた

今にも吹き飛びそうなトタン屋根の、スリリングなホテルでした!

寝れるだけありがたいと思いながらも、私たちの疲れはピークに達していました。でもね、ここで落ち込んでしまったらトラブルは嫌な思い出として終わってしまうんです。

カウントダウンパーティーで出会ったのは…

Photo credit: Asami Yamada「特別な旅にしよう!ウユニ塩湖でドレスアップしてみた

実はこの日は大晦日。そこで、気分転換に近くのバーのカウントダウンパーティーへ出かけることにしました。現地の人で賑わう店内は大盛り上がり! そんな中、私たちはひときわ賑やかな集団と、お互いカタコトの英語でこんな会話をしたのです。

「現地の人ですか?」
「そうだよ!」
「何の仕事してるの?」
「パイロットさ!」

ちょっと待て。パイロット? もしかして…

「アーユーアマゾナス?」
「イエス!」

なんと、私たちが話しかけたのは、事の原因であるアマゾナス航空の集団だったのです! 事件の顛末を聞いたパイロットは「災難だね」と爆笑したあとに「明日の早朝便? こんなとこで飲んでて起きれるのかい? 僕たちは明日休みだから関係ないけどねハハハ!」と、ビールを一杯奢ってくれました。

もう怒ったらいいのか、泣いたらいいのかわかりません! 結局、彼らと肩を組んで踊り、朝まで飲み明かしました。あんなに笑った年越しは初めてで、結果的に忘れられない最高の思い出となったのです。

旅のトラブルはミラクルを起こす鍵

Photo credit: Asami Yamada「贅沢に旅しよう!プーケットで最高級リゾートに泊まってみた

そんなドラマチックなこと、普通は起きないって? ガイドさんについていくだけならそうかもしれません。旅のミラクルは予定通りに進む道中ではなく、想定外の道が生まれたときに出会えるものなのです。だからね、もし旅でトラブルに直面したときは「ラッキー!」と思ってみてください。

「そんなポジティブになれるか!」と思ったアナタ。無理に前向きにならなくても大丈夫ですよ。そういうときは「こういうこともあるか」と諦めるんです。旅行の時間は有限、気持ちを切り替えて次の行動に移りましょう。そうしたら落ち込んだ分だけ、少しのハッピーでも楽しめるようになっているはずだから。

旅のトラブルが不安で海外に行けないというアナタ! 起きてもいないトラブルを怖がるより、トラブルも楽しむつもりで海外へでかけてみてください。きっとそこには想像できないミラクルが待っているはずです。

ライター:Asami Yamada
Photo by: Asami Yamada「特別な旅にしよう!ウユニ塩湖でドレスアップしてみた

他人ごとじゃない!実際に旅で起こった「まさか」の出来事

関連旅行記はこちら

*Asami Yamada「特別な旅にしよう!ウユニ塩湖でドレスアップしてみた
*Asami Yamada「贅沢に旅しよう!プーケットで最高級リゾートに泊まってみた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP