ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

さかいゆう、蔦谷好位置プロデュースの新シングル「ジャスミン」を10月発売&ビルボード公演でヤマタツ、ダニ-・ハサウェイをカバー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 シンガーソングライターのさかいゆうが、約2年ぶりとなるニューシングル「ジャスミン」を10月21日に発売することが明らかになった。

 「ジャスミン」はプロデューサーに、YUKI、Superflyなどを手掛ける蔦谷好位置を起用。CDのカップリングには、新曲「WALK ON AIR」と「接吻」 (ORIGINAL LOVEカバー)を収録される。加えて、初回生産限定盤の特典DVDには、3月に開催されたコラボ・ライブ【さかいの湯 Vol.3 “さかいゆうといっしょ” スペシャル】より、トランペッターの日野皓正や、RHYMESTER、土岐麻子らとのライブ映像、全5曲が収録される。

 また、あわせて9月に東京と大阪で開催される自身初のビルボードライブ公演の内容も今回発表された。公演は【さかいゆう SPECIAL LIVE “RESPECT Vol.1”】と命名され、さかいがリスペクトする洋・邦1アーティストのカバーでライブを構成。洋楽は自身がキーボーディストとしても大きな影響をうけたダニー・ハサウェイ、そして、邦楽は大ファンと公言する山下達郎の楽曲をカバーする。同ライブでは新曲「ジャスミン」もいち早くパフォーマンスされるほか、会場での「ジャスミン」予約者を対象に、本人参加の会場限定予約特典会も実施される。

<さかいゆう 「ジャスミン」コメント>

 この曲、実は2年ほど前から温めていました。今回スーパープロデューサー蔦谷好位置さんのお力をいただき、さらに奥深い仕上がりとなりました。昨年、さかいゆうはメジャーデビュー5周年を迎えさせていただきましたが、この曲には、シンガーソングライターとして、順風満帆とは言えない時期を長い間過ごしてきた僕にしか歌えないような、自分そのものを歌った自伝的な要素もたくさん含まれています。とはいえ、多くの方に重なる部分も多いはずです。どうか、自分のことを歌っているように聞いていただけたら幸いです。

<蔦谷好位置 「ジャスミン」コメント>

 さかいゆうは今年一番一緒に飲んだ人。お互いの考えていることや感じていること、音楽のことをたくさん語りました。その中で見えてきた彼の才能や人柄、音楽に向き合う姿勢、その魅力がどうやったら楽曲に収まるだろうと、試行錯誤を重ねました。この曲にはさかいゆうの優しさと音楽への愛、熱意、覚悟、様々な感情が詰まっています。たくさんの人に彼の歌声が届いてほしいです。

***

◎リリース情報
「ジャスミン」
2015/10/21 RELEASE
初回生産限定盤(CD+DVD)
AUCL 187~8 1,900円(tax out.)
通常盤(CD)
AUCL 189 1,300円(tax out.)

<CD>
M1. ジャスミン
M2. WALK ON AIR
M3. 接吻(ORIGINAL LOVEカバー)
M4. ジャスミン(backing track)

<DVD>(初回生産限定盤のみ)
M1. 薔薇とローズ with Little Glee Monster
M2. How Beautiful with土岐麻子
M3. シロクジwith KOHEI JAPAN
M4. Magic Hour with RHYMESTER
M5. 闇夜のホタルwith日野皓正

◎ビルボードライブ公演情報
【さかいゆう SPECIAL LIVE “RESPECT Vol.1”】(REPECT ダニー・ハサウェイ、山下達郎)
バンドメンバー:Gt田中義人、Ba岡沢章、Per中島オバヲ、Dr岡野“tiger”諭

2015年9月4日(金)Billboard Live TOKYO
1st Stage 開場17:30 開演18:30
2nd Stage 開場20:30 開演21:30

2015年9月12日(土)Billboard Live OSAKA
1st Stage 開場17:00 開演18:00
2nd Stage 開場20:00 開演21:00

詳細:http://www.billboard-live.com/

関連記事リンク(外部サイト)

ゆず 15年ぶり横浜スタジアム弾き語り公演で6万人熱狂、最新曲「終わらない歌」ライブ初披露
『関ジャム 完全燃SHOW』番組初ロケ、関ジャニ大倉&安田が高橋優の行きつけ店探し
星野源 日本武道館2DAYS 26,000人の“GENコール”鳴り響く かしゆか(Perfume)/神木隆之介も登場

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP