ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いざという時のために!スマホに写真を送れる火災警報器「Vigek Smoke Alarm」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

外出中に家で火事が起こった時、スマホから現場の映像を確認し、すぐに対応できるスマート火災警報器「Vigek Smoke Alarm」。

その開発に、多くの資金が集まっている。

・Wi-Fi経由で繋がる 写真画像をスマホで確認!

「Vigek Smoke Alarm」は、Wi-Fiを搭載したワイドアングル・カメラ付きのスマート火災警報器。

煙を察知すると、自動的にカメラがスイッチオン!火災警報器からユーザーのスマホに写真を送信。

外出中でも、現場の状況を確認できる。

・家族全員にプッシュ警報発令!

Google Playから無料ダウンロードできる専用アプリも充実していて、写真映像を確認しながらアラーム・テストができるほか、緊急時はワンタッチで消防車を呼べる。

焼き魚やちょっとした誤作動で「Vigek Smoke Alarm」が反応してしまっても、家の中の様子を写真で見られるので安心だ。

商品化のためにKickstarterでキャンペーンを始め、3000カナダドルの資金調達目標を達成。

今なら40カナダドルで1つ先行予約できる。(日本への送料は8カナダドル)

比較的低予算で、外出中も家の安全を守れる「Vigek Smoke Alarm」の開発に注目したい。

Vigek Smoke Alarm

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。