ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【マジかよ】デスノートの死神はドラクエ11と同じゲーム開発エンジンで作られていた! Unreal Engine 4

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本テレビの人気ドラマ『デスノート』。そのノートに名前を書かれた人間は心臓麻痺で死んでしまうという、恐ろしい設定のドラマである。このドラマには、異世界からやってきた死神が登場し、CGで描かれている。

・リアルな質感と表現
あまりにも異形すぎて特殊メイクで表現するのは難しい死神だが、CGであるにもかかわらず、まるで生きているかのようにリズミカルに動き、リアルな質感と表現で描写されている。

・最新のゲーム開発エンジン
実はその死神、ゲーム開発エンジン『Unreal Engine 4』で作られているのをご存知だろうか? 『Unreal Engine 4』は、あらゆるゲームの基礎となる部分を作る開発ソフトで、リアルな描写を得意とする最新のゲーム開発エンジンである。

・ドラゴンクエストXIと同様の開発環境
たとえば、プレイステーション4の『ドラゴンクエストXI ~過ぎ去りし時を求めて~』、『ストリートファイターV』、『キングダムハーツIII』が『Unreal Engine 4』のパワーによって作られている。アーケードゲームでは『鉄拳7』や『ナレルンダー! 仮面ライダードライブ』が作られている。

・ゲームの進化が生んだCG技術の賜物
つまり『デスノート』の死神は、「ゲームの進化が生んだCG技術の賜物」ともいえるのだ。ドラマもドキドキする展開だが、死神を見るたびに「ドラクエ11と同じエンジンで作られたんだなあ」と思うと、それはそれでワクワクするものがある。

・制作会社が裏話を公開
ちなみに『Unreal Engine 4』を駆使して死神を描いたのは、デジタル・フロンティア。その公式サイトには『デスノート』の実写映像に死神のCGをはめ込む作業の裏話が書かれている。『Unreal Engine 4』は作業スピードの点においても、ドラマ向きのようだ。




https://youtu.be/w6EMc6eu3c8

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/08/17/unreal-engine-4/

Via: デジタル・フロンティア

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP