ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1万円台で買える、手のひらサイズの「ドローン」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いま、世界中で話題のガジェットがあります。イギリス発、世界最小のドローン「Micro Drone 3.0」。

指でつかめるほどに小さい、このドローン。クラウドファンディングサイトのIndiegogoで資金調達をしたところ、約1,000万円の目標金額を大きく上回り現在なんと、約2億5,000万円もの資金を集めるほどの話題っぷり!

価格も安く、150米ドル(約1万8,000円)。リーズナブルで小さいこのドローンですが、特筆すべきはその機能性。
ここからは、Indiegogoで紹介されているMicro Drone 3.0の特徴を5つに分けて紹介していきます。

01.
スマホからの操作も
自由自在

iOSやAndroid対応の専用アプリをダウンロードすると、スマホから自由自在にドローンを操ることができます!さらに付属のコントローラーでも操作可能。


コントローラーからは、300フィート(90メートル)の距離まで自由自在に動かすことができます!

02.
付属のヘッドセットで
パイロット気分を味わえる!

さらに付属でついてくるFPVゴーグルを頭に装着すると、まるでドローンに乗っている気分で操作できます。

このゴーグルをつけてドローンレースをするという楽しみ方まで。遊び方は人それぞれ、無限大!

03.
走行中の
風にも強い!

小さいドローンは風に弱いと思われがち。ですが、Micro Drone 3.0は安定した飛行を実現します。なんと45mph(秒速20メートル)もの強風の中でも、機体を安定して飛行することができるとか。

04.
この小ささで!
フルHDの高画質撮影

720×1280のHD撮影に、1秒間で30フレームの撮影ができます。オートレベリング機能も搭載されており、自動的に水平になるため安定した撮影も可能にしてくれます。

05.
バッテリー交換も超簡単!

すぐに取り外しが可能なため、バッテリーを交換するのに15秒もかかりません。いくつかバッテリーを持ち歩いておくと便利。

現在、Micro Drone 3.0はIndiegogoで購入できます。
価格は、150米ドルに日本への配送で20米ドルの合計170米ドル(約2万円)から。興味のある方はこちらから!

Licensed material used with permission by Agency 2.0

関連記事リンク(外部サイト)

イギリスの高校で生徒の成績が急上昇!その秘訣は「スマホ禁止」だった!?
自転車でスマホを「充電」できるエコなデバイスが登場!取り外して持ち運びも可能
スマホでデザインを変えられる「スニーカー」が登場!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。