ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LA市が、干ばつ対策に「9,600万個のボール」を投入!?(動画)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

深刻な干ばつが続く、カリフォルニア州。ロサンゼルスで8月10日、苦肉の策とも思える大胆な施策が実行された。
まずは、以下の動画を見て頂きたい。いったい、何が始まろうというのか?

ここは、カリフォルニア州カラバサスにある貯水池「Las Virgenes Municipal Water District」。大型トレーラーが貯水池の淵ギリギリまでバックし、後部ハッチを開いたとたん…。溢れ出てきたのは黒い玉!?これは何だ?

じつはこれ、「シェードボール」と呼ばれる真っ黒いプラスチック製のボール。これを貯水地の水の中にひたすら投入していた。轟音をあげて坂を下り落ちていく黒い玉が、みるみると水面に広がっていく。なんと、その数9,600万個!
気になるのはその目的、貯水池を管理するReinhardt Jeff氏によると、この黒玉の役割は、大マジメな干ばつ対策として以下の効果が期待できるそう。

①水の干上がりを予防する
②貯水池に集まる鳥を水辺に寄せない
③藻の成長を阻害する

実際このアイデアは、飛行場の滑走路付近の池で、離着陸時にジェットエンジンに鳥を巻き込んでしまう“バードアタック”を避けるため、よく用いられている施策だと「CNBC」は紹介している。

ロサンゼルス市長の発表によれば、市と水道局が真剣に対策を検討した結果、このボールを貯水池に入れるというプランが浮上。他のどの実用可能なアイデアよりも、最大で2億5,000万ドルのコスト削減につながったと述べています。また、8,100人分の通年の飲料水、およそ3億ガロン(約11億リットル)をまかなえる見通しだそう。
とは言え、それが9,600万個ものプラスチックボールで貯水池を覆い尽くしてしまうアイデア。というところが、いかにもアメリカらしいダイナミックなスケール感ではないだろうか。

Reference:CNBC ,LADWP
Licensed material used with permission by Las Virgenes Municipal Water District

関連記事リンク(外部サイト)

空港もエコの時代。誰もが見落とす意外な「アレ」でまさかの節水対策を実現した!
板チョコ1枚に850リットル!?食品生産の裏で「大量の水」が使われている・・・
ハワイでレジ袋が全面禁止に。水着を忘れてもエコバッグは忘れるな!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP