ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

旧ゴルフ場から滑走路まで ソーラーパネル設置で「再生」へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 かつてのゴルフ場、廃校になった学校の校庭、旧飛行場の滑走路──全国各地の様々な場所がいま、ソーラーパネルに覆われ「再生」しようとしている。

 深刻な電力不足に陥った東日本大震災以降、太陽光発電の導入が加速している。過疎化の進む地方の空白地は、次世代エネルギー開発の舞台としてもってこいの環境を備えていた。その内容は、小さな宅地造成地の再利用から、メガワット級の大量発電を行なう「メガソーラー」と呼ばれる大規模発電所建設まで様々だ。

 たとえば昨年12月に稼働を始めた関西最大級のメガソーラーである兵庫県・淡路島の「淡路貴船太陽光発電所」では、約40ヘクタールの敷地にソーラーパネルが設置され、9000世帯分の年間電力を賄う見込みだ。

 太陽光発電は単なる「空き地の転用」に留まらない。静岡県菊川市では、茶畑を覆うようなソーラーパネルの配置が印象的だ。一定期間、直射日光を遮る必要のある抹茶栽培と、太陽光発電を両立させた。農家は従来の遮光棚の設置が必要なくなるうえ、太陽光発電による収入が見込める。太陽光発電は産業を活性化させる可能性も秘めている。

 ソーラーパネルに覆われた大地が、日本の原風景になる日が来るかもしれない。

撮影■太田真三

※週刊ポスト2015年8月21・28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
国内最大のメガソーラー発電所 鹿児島でこの秋から稼働予定
池田信夫氏 原発1基分=山手線内側分面積の太陽光パネル
太陽光発電 農家は農水省と経産省から補助金二重取り可能性

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP