ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プロレスラーの噛みつき攻撃 老人6人がTV中継見て死亡した

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジャイアント馬場とアントニオ猪木、ふたりのスーパースターの活躍を軸として日本プロレスの軌跡を振り返る、ライターの斎藤文彦氏による週刊ポストでの連載「我が青春のプロレス ~馬場と猪木の50年戦記~」。今回は、猪木が『ワールド大リーグ戦』に初出場した昭和37年の第4回大会で、悪役レスラーとして活躍したフレッド・ブラッシーが世間に与えた衝撃についてお届けする。

 * * *
 アントニオ猪木が『ワールド大リーグ戦』に初出場したのは、昭和37年の第4回大会。

 猪木はキャリア2年、19歳の新人で、リングネームは猪木完至(本名・寛至)。前年の昭和36年7月にアメリカ武者修行に出発したジャイアント馬場は、米東部エリアをツアー中だった。

『第4回ワールド――』は外国人選手の顔ぶれ、カード編成、話題性などあらゆる面で“史上空前”のシリーズ興行といわれた。

 参加外国人選手はルー・テーズ、フレッド・ブラッシー、ディック・ハットンの元世界ヘビー級王者3選手をはじめ、マイク・シャープ、キラー・バディ・オースチンら全10選手。

 シリーズ前半戦、神戸大会のメインイベントとして行なわれた力道山&豊登&グレート東郷対テーズ&ブラッシー&シャープの6人タッグマッチでは、ブラッシーの噛みつき攻撃で東郷が額から大流血(4月27日=神戸・王子体育館)。

 この試合をテレビの生中継で観ていた名古屋、京都、岐阜などの老人6人が、急に気分が悪くなり、心臓発作を起こすなどで死亡。

 このニュースはマスコミに大きく報じられ、番組スポンサーの三菱電機と民放連がプロレス中継の制作方針を協議し、スタートしたばかりのカラー放送を急遽、モノクロに変更。テレビ視聴者の“ショック死事件”が社会問題となった。

 猪木は同リーグ戦でテーズ、ブラッシー、ハットンら“雲の上の存在”といっていい世界のスーパースターと対戦。リーグ戦の戦績は7戦0勝7敗だった。

■斎藤文彦(さいとう ふみひこ)/1962年東京都生まれ。早稲田大学大学院スポーツ科学学術院スポーツ科学研究科修了。コラムニスト、プロレス・ライター。専修大学などで非常勤講師を務める。『みんなのプロレス』『ボーイズはボーイズ――とっておきのプロレスリング・コラム』など著作多数。

※週刊ポスト2015年8月21・28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
A・猪木 プロレスの枠を超える「対世間」を意識していた
「日本プロレス史上最も盛り上がった」と評される大会とは?
猪木「失神」KO事件 ホーガン狼狽、側近は「人間不信」に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP