ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

彼氏との婚前旅行を勧める父「目指すべきは箱入り娘ではない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 手塩にかけて育てた娘の彼氏。どんな男を連れてきても、なかなか納得いかないというのが、一般的な父親の心情というもの。一方、“野人オヤジ”こと小説家・鈴木光司氏は、長女・美里さんとの共著『野人力 オヤジが娘に伝える「生きる原理』(小学館)の中で、「彼氏と早く旅行へ行け」と勧めている。その真意はどこにあるのか。美里さんが知られざる父のエピソードを紹介する。

 * * *
 私のやることに「NO」と言わない父ですが、時折、しつこいぐらい口を出してくることがあります。それは勉強のことでも、日常生活のことでもありません。「男」についてです。

「娘が彼氏とどこまで進んでいるか心配な父親」というプロトタイプを想像しないでくださいね。父は世間のお父さんがするような心配は一切しません。その逆です。うちの父は、「関係が進んでいないこと」のほうを心配するのです。

「いいか、いい男はすぐに売れてしまうぞ。だから20代のうちに、いい男をつかまえてしまえ!」

 彼氏ができたことが父にバレると、ふた言めには、「一緒に旅行に行け!」

 婚前旅行をそそのかすのです。

「男はな、一緒に旅をして、一緒に夜を過ごさないとダメだ。オシャレなレストランで一緒に飯喰ったって、何もわかんねぇぞ」

 受け流していると、しまいには持ち前の行動力で、宿を押さえしまうのです。
(美里)

 * * *

 娘にこうした態度をとる理由を、父・光司氏は次のように解説する。

 * * *
 娘よ、婚前旅行を勧められたごときで、赤面している場合じゃない、ということがわかっただろうか?

 コミュニケーションスキルは、場数を踏まなければ養えない。だったら四の五の言わずに、「いいな」と思った男と旅行に行け。男と女、別の性がパートナーシップを結んで協力し合ったときに、大きな力が生まれる。お前をもっと大きくするだろう。

 目指すべきは「箱入り娘」ではないのだ。人間関係の達人なのだ。モテモテの人生を歩むのだ、娘よ。
(光司)

※鈴木光司・鈴木美里/著『野人力 オヤジが娘に伝える「生きる原理』より


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
3人息子を京都大学に送り込んだ破天荒なオヤジの教育術3つ
革命児・中村勘三郎氏が父のカーテンコールを止めた若き日
「自分不器用ですから」と服を脱ぎっぱにする高倉健好き夫

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP