体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京電力が放射線量測定データを「使いづらく」している理由

奥村教授によるPDF→CSV変換メモ

(4月7日20時40分追記)福島第一・第二原子力発電所モニタリングによる計測状況(HTML版)
@tabimobaさんによるHTML変換版

可視化の例)
放射線量率モニター更新中 (検索用キー:放射能) – 宇宙線実験の覚え書き

福島原発のγ線量測定データをggplot2で可視化してみた – ぬいぐるみライフ(仮)

放射線量観測グラフ

福島第1原子力発電所び放射線量観測値をグラフにする

Radiation monitor of Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant

(機械可読)空間放射線量率データ

都道府県別環境放射能水準調査

Visualization of latest radioactivity levels in Japan

Visualizations : Radiation levels (μSv par 2hours) in Japan

Map MashUp Manager for 0311

※図A) 1枚目の画像:東京電力発表、福島第一原子力発電所の放射線量計測値発表データより
※図B) 2枚目の画像:ブログ「宇宙線実験の覚え書き」より
※図C) 3枚目のブログパーツ画像:みんなで節電 消費電力ブログパーツより

※修正等: [4月6日20時]モニタリングカーによる計測状況発表データの画面スクリーンショットにトップ画像さしかえ(当初、可視化されたグラフをトップ画像としておりましたが、それを東電発表PDFと勘違いしている方がおられたようなので)。[4月7日20時]図Cの画像をさしかえ。[4月8日]境氏コメント追記。「上場企業なら当然」「改竄防止に必要」とのコメントが少なからずあるため、説明追記。

■関連記事
【放射能影響予測】SPEEDIがちっともスピーディじゃない上に国民はスルーしてIAEAにだけスピーディに予測情報が報告されてた事について
「こだまでしょうか」ACのコマーシャルに登場する 金子みすず の詩と背景について「いいえ、誰でも」
責任放棄?日本気象学会理事長コメントから見る「放射性物質の拡散予測が出てこない理由」
みんなはいま、なにを思っているんだろう?
放射性物質「3月15日に福島原発より大量放出。以降、大気への大量放出は起きていない」早野龍五教授が最近の測定とシミュレーションで結論

前のページ 1 2
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会