ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ヱヴァンゲリヲンと日本刀展』ビジュアルを再現! 和ドール『式波・アスカ・ラングレーと日本刀』予約開始 [オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

『ヱヴァンゲリヲン』に登場する武器やその世界観からインスピレーションを受けた新作刀剣類を披露して好評を博している『ヱヴァンゲリヲンと日本刀展』。現在、岩手県盛岡市岩手県民会館で2015年9月27日まで開催中です。

※参考 ロンギヌスの槍をマジメに再現!現代刀匠たちが本気出している『ヱヴァンゲリヲンと日本刀展』
http://otajo.jp/18632 [リンク]

そのメインビジュアルを忠実に再現したハイクオリティドール『式波・アスカ・ラングレーと日本刀』が登場。2015年8月17日12時より通販サイト『タカラトミーモール』で予約開始となっています。

プラグスーツと同様の鮮やかな赤の着物が抜群に似合っていた『ヱヴァンゲリヲンと日本刀展』ビジュアルのアスカ。それをタカラトミーが細部までこだわってドール化しています。

プラグスーツを模した短刀『式波・プラグスーツ』。その鮮やかな紅の鞘と鈍い光を放つ刃の質感までちゃんと表現されています。また、専用の刀掛けも用意されているので、置いて飾るのもアリです。

手元に短刀があるだけで、戦乙女(いくさおとめ)な雰囲気が出て、『エヴァ』の世界とシンクロしてくれます。

着物は鮮やかな赤地に牡丹の柄。勝ち気なアスカによく似合います。

また、帯はA.T.フィールドがモチーフ。指摘されないと気づかない程のさりげなさが高ポイント!

このほか、ヘッドセットや草履、飾り台座まで繊細に表現されているこのアスカの“和ドール”。
商品パッケージ裏面には、キャラクターの特別描き下ろしイラストを使用。今回のアスカが第一弾で、今後は第2弾の真希波・マリ・イラストリアス、第3弾の綾波レイと続くシリーズでパッケージを横に並べると屏風絵のような絵が完成する仕様になっているとのこと。

タカラトミーが”究極の和ドール”と自負するだけあってお値段は15000円(税別)とお高めですが、『エヴァ』も日本刀の世界も好きという人にとっては手元に飾るのに相応しい一体なのではないでしょうか。

『式波・アスカ・ラングレーと日本刀』商品概要

価格:15000円(税抜き)
商品内容:
ドール本体(1)、襦袢(1)、着物(1)、帯(1)、靴下(2)、下着(1)、ヘッドセット(2)、草履(2)、刀剣(1)、鞘(1)、刀掛け台(1)、スタンド(1)、スタンドベース(1)、飾り台座(1)

商品サイズ:約27cm
予約開始:2015年8月17日(月)12:00~9月28日(月)12:00
発売日:2016年1月下旬発売予定
対象年齢:15歳以上

エヴァンゲリオン究極の和ドールシリーズ(タカラトミー)
http://www.takaratomy.co.jp/products/evadoll/ [リンク]

(c)カラー (c)全日本刀匠会事業部 (c)TOMY

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP