体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

後方カメラとセンサーでバイクの死角を一掃! 標識もナビも表示できるスマートヘルメット

写真提供:SKULLY

今、シリコンバレーのウエアラブル機器業界の開発者の間で、「SKULLY(スカリー)を知らなければ、モグリだ」といわれるほど、熱狂的に完成品の発送が待たれている”お化け商品”が、オートバイ用のスマートヘルメット「SKULLY AR-1」だ。

SKULLY社が、このハイテクヘルメットを商品化するため、クラウドファンディングのIndiegogoで資金を募ったところ、昨年、クラウドファンディング史上最高額に近い250万ドルの資金集めをわずか数分で達成してしまった。

試着ができない、しかも、プレオーダーの価格ですら1,500ドルもする高価なヘルメットが、ネット上で飛ぶように売れるのを目の当たりにして、初めてハイテクヘルメットの需要の圧倒的な大きさに驚いた投資家たち。その後、半導体大手のインテルと、アクションカメラのGoProに出資していたベンチャーキャピタルがSKULLY開発に資金を次々投入。1,100万ドルという巨額の資金を新たに得て、世界67カ国で試着デモを開始した。果たして、今年中に商品を消費者に供給できるかどうかが、今サンフランシスコでいちばんのホットな話題だ。

このハイテクヘルメット、一体、どんな商品なのだろうか?

ちょっと見ただけでは、メタリックでスタイリッシュなごく普通の高級ヘルメットという感じだ。だが、いちばんの売りは、後方を超ワイドアングルで捉えるカメラが装着されていること。そして運転中、道路標識やナビゲーションが、スマートディスプレイによって視線前方に表示されること。フロントガラスに情報を表示するヘッドアップディスプレイの技術はクルマでも採用されているが、ヘルメットの右下にあるディスプレイ上という、ごく限られた面積で、運転に邪魔にならないように必要な情報を表示するのは難しい挑戦だ。

向かって左、脚を組んでいる男性がSKULLYのファウンダー兼CEOのマーカス・ウェラー氏

開発の発端は、SKULLYのファウンダー兼CEOのマーカス・ウェラー氏が、自らオートバイの運転中に事故に遭った経験だった。

「オートバイに乗っていて、道路標識を見ようとしたが、たまたま見えにくい位置にあった。ちょっと横を見て標識を探した瞬間に、前にいたクルマが急停止したんだ。気付いてブレーキをかけたが、もうそのときは、前のクルマに追突してしまっていた」

長年オートバイの運転をしてきて、運転技術には自信があったという彼にとって、この経験はショックであると同時に、安全性をあらためて考える転機となった。

ヘルメットを被ると、前方は見えたとしても、左右や後方は見えにくい。道路標識が見つかりにくい位置にあればなおさらだ。クルマのドライバーにとっては運転中に問題なく見える標識でも、ヘルメットを着用しなければならないオートバイのドライバーには見えにくいことも多い。さらに問題なのは、ブラインドスポットの存在だ。斜め後方などの死角にクルマなどがいた場合、すぐ近くを走っていても存在にまったく気付かないこともあり、非常に危険だ。このふたつの安全上の問題を何とか解消できないかと考え、ウェラー氏はSKULLYの開発に着手した。

先に説明した、後方を超ワイドアングルで捉えるカメラの装着に加えて、GPSと連動して、道順を示すナビゲーション情報をヘッドアップディスプレイに表示する機能も開発した。ボイスコントロール機能もついており、道順は音声でもドライバーに伝えられる。スマホのアプリとはBluetoothで連動し、運転中に誰から電話がかかってきたのかも把握できる。

「私たちが作っているのはガジェットではなく、安全性を追及したハードウエア商品。多くのウエアラブルガジェットのように、人間にマルチタスクを強いるのが目的ではなく、むしろその正反対を目指している。オートバイに乗っているライダーにとっては安全性がすべてだし、運転中にマルチタスクなんて到底無理。だから、すべての操作がシンプルなシングルタスクで済むように設計している」

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会