ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アナタもできる!夢の海外移住を実現するための3つのステップ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Asami Yamada「【ヨーロッパで一番訪れたい街】中世の街・月の港ボルドーでワイナリー巡り

「いつかは海外生活がしたい!」なんて考えたこと、ありませんか? 例えば、広い空と青い海が広がるハワイでのサーファーライフや、伝統ある市街を散策しながら最新のファッショントレンドに触れ合うパリ生活など…。世界には、日本では決して味わうことのできない生活があります。

ただ、海外移住をしたくても、実現にするのはなかなか難しいですよね。そこで今回は、留学事業を展開するEF Education Firstがおすすめする海外移住するための3つのステップを紹介します。

ステップ1:まずは留学

まずは語学学校に入学し、日本にはない習慣や新しい言語を覚えることから始めてみましょう。2〜3週間、現地の生活をするだけで、日本では体感できない新しい価値に気付き始めるでしょう。また、留学先のキャンパス、クラスルーム、学生寮では、世界中の生徒と触れ合うことが可能です。生徒との会話は貴重な情報源。将来、自分が移住したいと思う国や地域が明確になるかもしれません。

ステップ2:ワーキングホリデーに繰り出そう!

留学で自信がついたら、プチ移住体験へ。ワーキングホリデーに繰り出してみましょう! ワーキングホリデーは留学と違い、その国の滞在資金を補うために一定の就労が認められる制度です。そのため、現地の人と一緒に働き、生活を送ることが可能です。また、ワーキングホリデーの渡航先として、オーストラリアやカナダをイメージする人が多いのですが、実は、フランス、デンマーク、ポルトガルなど、現在、14の国々で受け入れが可能となっています。ワーキングホリデーを経験すれば、きっとその国を深く知ることができますよ。

Photo credit: Daisuke Ogura「メルボルンには本当に世界一カフェがあるのか?メルボルンに確認しに行ったついでに、ケアンズも周る旅

ステップ3:世界中の友人たちのもとへ

留学、ワーキングホリデーで語学力や経験がついたアナタには、きっと海外でも生活できるほどの自信がついているはずです。もし、移住先の情報が不足している場合は、facebookやSkypeを使って、留学やワーキングホリデーで知り合った世界中の友人たちに助けを求めましょう! きっと彼らがあなたを世界へと導いてくれます。

(ライター名:Satoshi Hirao at EF Education First。留学、語学教育事業を展開する世界最大級の私立教育機関、EF Education First(EF)にてマーケティングを担当。EFのミッションである「Opening the world through education」を掲げ、留学の魅力を世の中に発信し続ける)
Photo by: Asami Yamada「【ヨーロッパで一番訪れたい街】中世の街・月の港ボルドーでワイナリー巡り

関連旅行記はこちら

*Daisuke Ogura「メルボルンには本当に世界一カフェがあるのか?メルボルンに確認しに行ったついでに、ケアンズも周る旅
*Asami Yamada「【ヨーロッパで一番訪れたい街】中世の街・月の港ボルドーでワイナリー巡り

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP