ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

睡眠時間4時間と7時間、凍える冬と汗かく夏 痩せるのどっち

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ダイエットを頑張ってるのに体重が減らないのには、理由がありました! やせるのはどっち? 日本ダイエット健康協会、代表理事の古谷暢基さんに聞いた。

Q:睡眠4時間と睡眠7時間。太るのはどっち?

A:睡眠4時間。

「アメリカの研究では4時間以下の人は7時間の人に比べ1.7倍肥満になる結果となりました。睡眠不足ほど代謝を促すレプチンの分泌が減り、食欲増進を促すグレリンの分泌が増加するのがその理由といわれています。ただし睡眠は質の良し悪しも重要。夕食は就寝の3時間前に済ませ、リラックスして眠りにつきましょう」(古谷さん)

Q:凍える冬と汗だくの夏、やせやすいのはどっち?

A:凍える冬。

「外気温が0℃まで下がる日もある冬は、体温を維持しようと基礎代謝が上がります。一方、夏は外気温が高く、体温維持のためにさほどエネルギーを必要としません。冷房などで体が冷やされ、基礎代謝が落ちている可能性もあるでしょう。汗が出たからとやせた気になってしまうのは早計ですよ」(古谷さん)

※女性セブン2015年8月20・27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
代謝上げ痩せる5つの習慣 ミス・ユニバーストレーナー伝授
アン ミカ 深い眠りを心がけたら筋肉も戻り代謝が回復した
増田明美さん「歩幅広く速度上げて歩けば代謝上がる」と指摘

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP