ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

何も調べずに書いたエアロスミスの生涯(第2回)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4. 壊れた懐中時計

 

スティーブンはスクスクと成長し、10歳になりました。

 

ある日のことです。

 

お父さんのビクターが大事にしている懐中時計を、スティーブンが間違って壊してしまいました。

スティーブンは見つかったら怒られると思い、キッチンの下に隠しました。

 

しかし、それはすぐにバレてしまいました。ビクターが問い詰めます。

 

「スティーブン、これはお前が壊したのか?」

「違うよ。そんなの知らないよ」

 

その言葉にビクターは激昂し、スティーブンをビンタしました。

 

「うわぁっ!」

 

奥歯が吹っ飛びます。ビクターは「ちゃんと反省できたら来い」と書斎にこもってしまいました。

 

 

どうしていいかわからなくなったスティーブンは、お母さんのリンダに相談しました。

 

「ジョージ・ワシントンって知ってる?」

「うん、初代大統領のことだろ」

 

リンダは語ります。

 

「ワシントンは桜の木を折ってしまったの。普通ならどうなると思う?」

「うーん・・・逮捕かなぁ」

「そう。普通なら逮捕よ。でも、ワシントンは違ったの。正直に話すことで“許してもらった”のよ」

「ゆ、“許してもらう”だってーーー!?」

 

スティーブンの身体に電撃が走りました。

今までは何かあったらミスを隠蔽し、発覚しないようにしてきましたが、まさか別の方法があったなんて。

 

「だから、あなたも許してもらえばいいのよ」

 

スティーブンは不安な気持ちで、ビクターの書斎に入りました。

ビクターは椅子に座りながら、ラジオから流れるジャズを聞いています。

 

「お父さん、ごめんなさい」

 

スティーブンは頭を下げました。

 

「あの時計を壊したのは、お前なんだな?」

「はい、僕が壊しました。不注意でした。ごめんなさい」

 

怒鳴られるんじゃないだろうかと、不安な気持ちが強くなっていきます。

スティーブンが顔を上げると、ビクターの表情は・・・笑顔でした。

 

「正直に言ったお前の勇気に敬意を表して、今回は水に流そう」

 

スティーブンはホッとしました。

ビクターは机の引き出しから、指輪ケースを取り出しました。箱を開けると、中には歯が入っています。さっきスティーブンから吹っ飛んだ歯です。

 

「スティーブン。歯っていうのは子どもから大人になるときに、すべて生え変わるんだ。子どもは間違ってもいいんだ。お前も生え変わればいい。この歯のようにな」

 

そう言うとビクターはスティーブンに指輪ケースを握りしめさせました。

どこか大事なところに閉まっておこう。スティーブンはそう思いました。

 

そのときです。ラジオから流れていたジャズが終わり、曲調の違う軽快な音楽が流れ始めました。

 

テケテケテケテケテケテケ!

 

その瞬間、ビクターの表情が変わりました。

 

「けしからん!」

 

急に怒り出し、ラジオを切ってしまったのです。

 

「まったく。エレキギターなんて、けしからん!」

 

ラジオの電源を切っても、なおもぶつぶつと言っています。

 

(今の音楽はいったい?)

 

わずか数秒しか聞こえなかった音楽に、スティーブンは心動かされました。

 

5. エレキギターってなんだろう?

 

自分の部屋に戻り、ベッドに寝転がると、頭の中で数秒間の音楽を、何度も何度も思い出しました。

 

(父さんは“エレキギター”って言っていたなぁ。“ギター”はわかるけど、“エレキ”って何だろう・・・)

 

スティーブンはエレキギターの姿を想像しました。重厚で、魅惑的な音を奏でるエレキギター。

 

(きっと象の鼻にギターの弦がついているんじゃないかな? たぶん“エレキ”は“エレファント”のことだな!)

 

その日の夜、スティーブンはエレキギターに追いかけられる夢を見ました。

 

(つづく)

 

【シリーズ一覧】

何も調べずに書いたエアロスミスの生涯(第1回)

何も調べずに書いたエアロスミスの生涯(第2回)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
LIGの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。