ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

王貞治氏 「今は選球眼という言葉がなくなっているのかも」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 かつて、きわどいコースのボールであっても、王貞治氏が悠然と見逃したならと球審が思わず「ボール」とコールしてしまうことから「王ボール」と呼ばれる判定が存在した。V9・巨人黄金時代の攻撃力を支えた打撃コーチの荒川博氏と、教え子である王貞治氏と黒江透修氏が、かつてのプロ野球選手と現在の選手たちのバッティングの違い、選球眼について語りあった。

王:今はどんなピッチャーでも5種類から6種類と投げる球種が多いからバッターは大変なんですよ。昔は引っ張れば良かったが、今は変化球に対応して90度に打ち分けられないといけない。バッティングが難しくなっていると思います。

黒江:確かに昔はセンターから逆方向にホームランを打つことはなかった。センターに打てるのは本当の強打者だけで、他は右打者ならレフト、左打者ならライトに、しかもフェンスギリギリのホームランだった。それが今は、僕くらいの体格(165cm)の選手でも軽々とセンターに打つ。

王:僕でもバックスクリーンへは年に1、2本だった。

荒川:今は引っ張る打者がほとんどいないよね。

王:本当ですね。メジャーではアウトコースでも引っ張って打つ打者が多いし、速い球を打てるのが活躍できる条件になっている。ところが日本では速い球を打てる人が少なくて、変化球に対応できる人が多い。

荒川:それにしては3ボールの場面で、ワンバウンドの球が来ても平気で振ってしまう。ホームランボールだけを狙えばいいのに、打者有利なカウントから凡打だもの。見ていて不愉快だよ。

黒江:ハハハ、確かに腹が立ちますね。それも塁に出ないといけないヤツが3-1から凡打ではね。僕なんか川上さん(哲治・監督)に3-1からはいつも「待て」といわれたなァ。

王:今は選球眼という言葉がなくなっているのかもね。四球は安打と同じで大事なもの。僕たちは3ボールならあと1つボールで塁に出られる、という感覚が強くありました。

黒江:それに狙った球しか打たなかったよね。川上さんにいわれたのは「好球必打というが字の通りではダメだ。ど真ん中に来てもタイミングが合わない時は打つな。狙いを絞ってタイミングが合ったときに初めて打て」ということでした。

王:いい打者ほど狙い球を絞って、甘い球を確実に捉える。でも、丸いものを丸いバットで打つんだからバッティングは難しい。人間は厄介なもので、練習をやればやるほど余分なことを頭で考えてしまうから、ますます難しくなる。

※週刊ポスト2015年8月21・28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
野村克也氏 長嶋攻略法が最後まで分からなかったと今明かす
小山正明は近藤和彦、米田哲也は榎本喜八、金田正一の苦手は
宇野勝氏 「和製大砲」減った理由は「流し打ち称賛の風潮」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。