ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

西郷輝彦 弟子入り願った森繁久彌は「しなやかな柳だった」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 17歳で歌手としてデビュー。立て続けにヒット曲に恵まれた西郷輝彦は、その後、舞台やテレビドラマで活躍し、俳優としてもその才能を見せつけた。そんな西郷が「弟子にしてください」と頭を下げるほど影響を受けたのが森繁久彌だったという。映画史・時代劇研究家の春日太一氏の週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』からお届けする。

 * * *
 西郷輝彦は舞台やテレビドラマ、時代劇などで森繁久彌と数多く共演してきた。最初の共演は1979年の舞台『暖簾』だった。

「僕が『どてらい男』の舞台を梅田コマ劇場でやっている時、その次の月が森繁さんの公演で稽古に来てらして。付き人の方が楽屋に来て『遊びにきてほしい』ということでご飯をごちそうになったんですよ。それで『今度、芝居にこい』ということで、名古屋で有島一郎さんとやってらした『曾我廼家五郎八』の芝居を観にいきました。

 最後になって森繁さんが亡くされた相方の役者のことを延々と喋るんですよ。それも、『白鳥の湖』を踊ったりいろんな芸をなさる。観客はゲラゲラ笑っているんですが、緞帳が動き始めた瞬間くらいに『なんで死んだんや!』というセリフを叫ぶんです。

 それで観客は一気に泣いて、そのままストンと緞帳が降りる。やられましたね。『俺は今まで何を偉そうに役者なんてやってきたんだ』と思って。そのまますぐ楽屋に行って、『お願いです。弟子にしてください』と言いました。

 森繁さんは『弟子はとらない。でも、来たいんだったら遊びにおいで。うちは森繁商店だから、その軒先に君の店を出したらいい。うちの店は客をいっぱい持っているから、お客をみんな持っていっていいよ』とおっしゃるんです。つまり、『一緒に舞台をやろう』ということです。それで『暖簾』という舞台で森繁さんの若い頃、つまり主人公で出させていただきました」

 西郷はインタビュー中、森繁を親しみと敬意を込めて「おやじ」と呼んでいた。

「芝居については何も教えてくれません。見て覚えるしかない。それでも同じ舞台の板に立っておやじの背中から客席を感じることができることは凄いことだと思いながら演じてきました。

 おやじが素晴らしいのは、芝居に対する姿勢。引っ込みが上手でね。『役者はとにかく品がなきゃダメだ。引っ込まないでしつこく出続けることはするな』と。手(拍手)が来るまで引っ込まない方もいるんですよ。でも、やることをやったらサッと引っ込んで、その後で観客から『いいね』と思われるくらいがいいということです。

 それから、黙っている時が素敵なんです。セリフとセリフの間のちょっとした間合いが絶妙でした。普通は計ったように演じるものですが、おやじは計算しているように見えない。ほとんど息を吸わずに吐いていたんじゃないですかね。間合いで息を吐くと、憂いが出るんです。

 僕に一つだけ言ってくれたのは、『輝はカミソリの刃のような芝居をするよな。それはいいけど、いつまでもそれだけじゃダメだ。ポキッと折れてしまう。そうじゃなくて、しなやかな柳のような、それでいて温かい心を出せるような、そういう芝居をやれるようにならないと』ということでした。そういえば、森繁久彌という役者は、そういう芝居をしているんですよね。

『音楽をやってよかったな』と言われたこともあります。『役者しかやらなかった人間とはリズムが違うんだ』と。そこは自分では分からないんですが」

■春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『あかんやつら~東映京都撮影所血風録』(ともに文藝春秋刊)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社刊)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。

※週刊ポスト2015年8月21・28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
左とん平 謹慎後に舞台立つ機会くれた森繁久彌とのエピソード
森繁久彌「セリフなんて覚えてきちゃダメ」と風間杜夫に説明
平泉成の芝居論「スターはベンツに、役者は電車かバスに乗れ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP