体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バンコク激安ジェルネイルで旅中でも女子力キープ!

生活・趣味

激安ビューティー天国といえばバンコク!ネイルやエステ、脱毛など日本に比べるとかなり安い値段で受けることができます。現地の日本語情報誌を見るとそれ以外にも美容整形もかなりお得のようですが……

さっそくMBKセンターの通路にあったまるで屋台のようなネイルサロンでジェルネイルをしてもらいました。

ちなみに、男性は普通のマニキュア(ネイルポリッシュ)とジェルネイルの違いがよく分からないかと思いますので説明しますと、ジェルネイルは普通のマニキュアとは違い塗った後にUVライトで固めるネイルのこと。

通常のマニキュアよりツヤがあり、最大1ヶ月くらいは保つので、旅の最中でもキレイなネイルをキープできるのがうれしいところです。

関西風の派手な年配の女性店員さんに様々なネイルアートのデザインの写真を見せてもらいました。

普通のマニキュアでネイルアートをする場合は300バーツ(約1050円)前後、ジェルネイルで同じデザインをする場合は写真に載っている値段にプラス300バーツという値段設定でした。

完成したのがこちらです。

ストーンもつけて全部で650バーツでした。(約2300円) おそらく日本だと2倍以上するかと思います。

日本のネイルサロンのような丁寧なハンドケアなどのサービスはないのですが、爪の形を整えたり基本的なケアはしてくれます。

年齢を問わず非常に多くの女性がネイルのメンテナンスにフラッと訪れ、なかなか忙しそうでした。

さらにバンコクはネイルをしてもらうだけでなく、ネイル用品自体も非常に安い値段で買うことができます。

場所はチャイナタウンの近くにある卸売市場、サンペーン市場。

一見こんな雑然としたところにネイル用品など売っているのかと不安になりますが、生地や様々な資材を売っているお店の中にポツポツとネイル用品を扱っているお店があります。

ネイルアート用のストーンなども充実していました。

またサンペーン市場には女子が喜ぶ激安美容グッズが他にもたくさん売られています。

こちらはつけまつ毛。パッケージに日本語が書いてあります。

1 2次のページ
GOTRIP!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会