体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ポジティブであり続けるための「7つの方法」。まずは新たな習慣作りから!

生活・趣味
shutterstock_79960843のコピー

毎日のように暗いニュースに触れる日々。ポジティブでいようとしても、「またこんなニュースか」「将来どうなるんだろう」とマイナス思考になってしまうのも無理はありません。
でも、それなら接する情報を取捨選択しましょう。「Higher Perspective」のこの記事には、そんなポジティブであり続けるための方法が紹介されています。今すぐ始められることばかりなので、意識的に取り入れてみて!

She orchestrates her mornings to the tune of coffee

 

01.
付き合う人を見極める

She orchestrates her mornings to the tune of coffee

自分にとってマイナスなものを運んでくる人との付き合いはやめましょう。ポジティブになるためには、極力マイナスな存在を避けなければなりません。

02.
情報を取捨選択する

世界で、いま何が起きているかを知ることは大切です。でも、許容できないネガティブな物事を、無理して自分の生活に取り込む必要はありません。怖い映画、残虐的なゲームなどといった自分に恐怖を与える情報は、思考をネガティブにする恐れがあります。情報の選択をしましょう。

03.
新しくポジティブな
習慣を作る

ポジティブになるためには、まずは行動から。イライラしやすいと思う人はまず、そのイライラとうまく付き合う方法を探してください。何か悪いことをしたなと思ったら、その代わりになるようなポジティブなことをしましょう。今までの自分の習慣をなくす必要はありません。ただ、新しく作ってみてください。

04.
とにかく笑う!

She orchestrates her mornings to the tune of coffee
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会