ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

森祇晶氏 優れたキャッチャーをいかに育てるかについて語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 巨人のV9時代を支えた捕手・森祇晶氏(78)は、監督時代には西武で伊東勤を一流のキャッチャーに育て上げるなど、指導方法にも定評がある。そんな森氏が、昨今のプロ野球界におけるキャッチャーの問題と、その育て方について、長年の経験から意見する。

 * * *
 今のキャッチャーは勉強が足りないと思います。ビデオや数字をスコアラーから与えられても、それを明確に分析できていない。モノが周りに多すぎて消化しきれていないんでしょうね。自分の目で見て勉強するというのではなく、ただ押し付けられているだけだから、ピンチになった時にどう打開していくかが分からないんだと思います。

 古い時代の話だといわれるかもしれないが、ノムさん(野村克也)は凄い眼力だった。スコアラーが存在しなかった時代に自分の目で見て情報を集め分析し、課題を見つけて解決していた。そういう勉強を今の選手たちはしていないでしょう。

 相手バッターがいつもは打席のどこに立つか、バットをどのくらいの長さで握るか。それがピンチ、チャンスの時にどう変わるか。人間なのでどこかに微妙に変化がにじみ出るものです。それを感じ取るのはキャッチャーにとってイロハのイです。

 自軍のピッチャーの状態も瞬時に感じとらなくてはならない。今日は調子悪いから仕方ないではなくて、それならどうやって切り抜けていくか、1イニングでも長く投げさせるようにどう持っていくか。それがキャッチャーの知恵なんです。

 最近の選手で、他のチームのキャッチャーと「捕手論」を戦わせている選手がどれだけいるか。僕はノムさんから色んな形でヒントを貰ったし、たびたび捕手のあり方について議論しました。そこから得た知恵は限りない。今は変なところで選手同士慣れ慣れしいが、肝心なところで抜けているような気がする。

 それに良いキャッチャーを「育てる」という意識も希薄になっていますね。

 育てる過程においては、まずこの選手が将来チームを支えていく選手かどうかを見極めることが必要。キャッチャーはケガの多いポジションですから、シーズンを1人で賄えることはほとんどありません。そのため控えを作らなければならないんですが、やはり正捕手という教科書がある間に勉強したり、コーチが教育しなければならない。

 私の古巣の巨人でも、今年は正捕手の阿部(慎之助)のファーストへのコンバートが話題になりました。コンバートしたからには次のキャッチャーの目途が立っていたはずだが、阿部を元に戻したりまた一塁にやったりと混乱した。

 結局、首脳陣の考えがハッキリしていなかったのでしょう。2年目の小林(誠司)を育てるうえでも、キャッチャーとしていい部分はどこにあるのか、どう伸ばしていくのか。それがハッキリしていれば慌てることはなかった。二軍で育てる判断も疑問。キャッチングの勉強ならいざ知らず、一人前にするなら一軍に置かなければ意味がない。

 将来を任せられると思ったら、ベンチはある程度目をつぶって自分で苦しませなきゃならない。苦しんで苦しんで、そこから何かを得ていくんですから。伊東勤にしても、西武時代に「任せた」と言って送り出したら、ベンチからサインは出さず、ゲームを任せました。やはり責任を持たせないと、キャッチャーは上手くならない。それが後進を育てるということなんです。

●もり・まさあき/1937年、大阪府生まれ。巨人V9時代の正捕手として活躍、8年連続ベストナイン、1967年には捕手として初の日本シリーズMVPとなる。引退後、西武の監督として9年間で8回の優勝、6回の日本一に導いた。

※週刊ポスト2015年8月21・28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「MLBに日本人選手はもういらない」 MLB側の本音満載の書
米田哲也氏 「キャンプで1日350球投げれば夏場にバテない」
美肌化粧品広告に登場の浅田真央 肌の調子は今の方がいい

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP