ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

どんぶり金魚が人気の理由 「呼ぶと応えてくれる」と愛好家

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年で5回目を迎えた金魚をアートで表現する「アートアクアリウム展 金魚シリーズ」(東京・日本橋)がにぎわっている。和ブームのひとつとして人気を集めている金魚だが、昨年、元東京海洋大学学長で金魚博士として知られる岡本信明さんが「どんぶり金魚」を紹介したことで、ペットとしての金魚にも注目が集まっている。

「岡本先生がどんぶりでの飼育法を紹介されてから、『どんぶり金魚を飼ってみたい』とお店を訪れるお客さんが増えています。小学校低学年から70代まで幅広く、女性やお子さんに特に人気が高いですね。名前をつけて可愛がり、旅行にも一緒に連れて行ったというお客さんもいますよ」(横浜で金魚屋を営む上松敏さん)

 水槽ケースにエアポンプ、浄水器を準備してガラス越しに楽しむだけが金魚の飼い方だと思われてきた。しかし、岡本さんが『どんぶり金魚の楽しみ方 世界でいちばん身近な金魚の飼育法』(池田書店、川田洋之助と共著)で紹介した金魚とのつきあい方は、カルキ抜きした水道水を入れたどんぶりで飼うというシンプルなもの。ガラス越しに鑑賞するための飼い方よりも金魚と飼い主の距離が近い。

「金魚の飼い方についての本は継続的に出してきたのですが、この本は子どもにもわかりやすく読みやすいビジュアルを心がけました。家にあるものだけで飼えるシンプルさと、岡本先生がNHKの番組で紹介されたこともあって、同種の実用書としては予想以上の売れ行きを続け、今年6月に2万3千部を数えました。ネットで話題が拡散された影響も強く感じています」(池田書店担当者)

 書籍で紹介されている、岡本さんと琉金のシロちゃんとのどんぶりを挟んだ関係は、イヌやネコのような人間と密接な関係を結ぶコンパニオンアニマルとしてのペットと変わらない。

「観賞用に飼われる魚のなかでも、金魚は人になつきやすい魚だと思います。名前をつけて呼んでいると応えてくれるようになりますし、指にじゃれてくれるようにもなります。金魚も、イヌやネコのような人になつくペットになれるということを『どんぶり金魚』で初めて知った人も多いのではないでしょうか」(前出の上松さん)

 どんぶりで金魚を飼うなんて、あまりに狭すぎる。空気が足りなくなり寿命を縮めるだけではと心配されることも少なくない。しかし「岡本先生のシロちゃんは、もう3年になりますが元気です」(前出・書籍担当者)というように、命を縮める飼い方ではないと証明している。もちろん、水をマメに換え、金魚の様子をよく把握していることが前提だ。さらに、状態にあわせて飼い方を柔軟に変化させることを専門家もすすめている。

 タレントの照英も3年前から金魚を飼っており、ブログでも金魚愛を熱く語っている。芸能人の仲間にも金魚をすすめているそうだ。空前の金魚ブームは、これからが本番のようだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
全国に千人以上いた金魚売り 現在は熊本の80歳男性ただ1人
日清どん兵衛トリビア 東西日本のつゆの分け目は「関ヶ原」
飼い主が準備するペット信託 余命10年の犬で預託金約230万

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP