ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【判明】なぜ、パイナップルを食べると口の中がチクチクするのか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

突き抜けるアロマ香と瑞々しい果実味が人気のパイナップル。反面、口にしたときのチクチク感や、いがらっぽさから敬遠する人もいます。「アレさえなければ…」というような人は、要チェック。チクチクの対処法も合わせてご紹介!

チクチクの原因は
酵素にあり

 

そもそも、パイナップルを食べた後のいがらっぽさ。あの原因は、パイナップルに含まれる酵素によるもの。「タンパク質分解酵素」というのが正式な呼び名のようですが、この酵素が舌の上のネバネバ粘膜、あれは、ただの唾液ではなく「タンパク質」なんだそうです。

この果実による口内の異変を調査した「Delish」は、こう分析しています。
パイナップルを口にすると、舌の上や頬の粘膜にあるタンパク質が酵素によって、徐々に溶かしてしまうんだそう。すると、タンパク質で覆われていた粘膜があらわに。これがチクチクの原因。舌が、パイナップル本来の酸味や刺激に敏感に反応し、あのチクチクがやってくるようです。人によっては、ピリピリしたり、チクチク棘を刺されているように感じる人も。
ただし、人間は、唾液から常にタンパク質が分泌されるため、食べ終わった後はまた、元通りに舌がタンパク質でカバーされるようです。

では、このパイナップルの分解酵素(ブロメライン)が体に悪いかと言えば、むしろその逆。米メリーランド大学医学部が提供する「医療ガイド」は、消化不良や炎症を抑える効果、関節痛の痛みを和らげるてくれる作用を紹介しています。こうした効能が認められ、軟膏やサプリメントとして、ブロメラインは今日広く普及されています。

ちなみに、このタンパク質を分解する働きは、普段から口にしている料理にも、広く応用されているもの。
例えば、「酢豚」のパイナップルも、豚肉を酵素が柔らかくしてくれる役割。ヨーグルトにお肉を一晩漬けておくだけでも、肉質が柔らかくなりますよね。あれだって酵素のおかげ。豚の生姜焼き、塩糀につけたり西京焼にする魚、これらすべて、食物に含まれているタンパク質分解酵素が、肉や魚を柔らかくするよう働きかけているからなのです。

チクチク対処法はコレ!

あのチクチクした感じが「嫌い」という人に朗報。「LIVESTRONG.COM」で、あのチクチクを避ける簡単な方法が紹介されていました。記事によれば、チクチクの原因となるブロメラインを避ける最善の道は、完熟したパイナップルを食すこと。この1点に尽きるそう。例えば、房に近い部分の皮にまだ、薄い緑色が残っているようならば、チクチクの可能性あり。ちなみに、パイナップルは追熟しないので、買うときにいい香りがするモノを選ぶか、緑色が残っていないものを選ぶことがポイント。

Reference:Delish,  LIVESTRONG.COM , University of Maryland Medical Center

 

関連記事リンク(外部サイト)

固くなったパルメザンチーズの意外な使い道。出汁・こく・風味付けに!
これホント!?新聞紙があれば包丁が研げるらしい・・・
パーティーで大活躍♪果物が主役のポップな「ミルクスムージー」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP