体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

aiko、4ヶ月に亘るライブハウスツアー千秋楽はトリプルアンコールで完全燃焼!

aiko、4ヶ月に亘るライブハウスツアー千秋楽はトリプルアンコールで完全燃焼!

4月から約4ヶ月に亘って行われたaikoの全国ライブハウスツアー「Love Like Rock vol.7」が8月11日(火)、Zepp Tokyoにて千秋楽を迎えた。このツアーはaikoのライブハウスツアーの中では過去最大規模。初の仙台Rensaでの公演や、約13年ぶりに訪れたという広島クラブクアトロを含む、全国7都市25公演行われた。

今回もaikoは大きく分けてAパターンとBパターンの2つの異なるセットリストを準備して、ツアーに挑んだ。ツアーの前半と後半ではそのセットリストの中からさらに曲の入れ替わりなどもあったため、何度か足を運んだ人にも毎度新たな変化を体験できるaikoらしいサプライズ満載の内容だ。

千秋楽はBパターンを軸としたセットリストに。一曲目に持ってきたのは、アルバム「時のシルエット」に収録されている「雨は止む」。オープニングSEが始まり、ステージ上に吊るされた幕にツアーロゴが映し出され、その幕が下りると、再び現れるもう一枚の紗幕に降り注ぐ雨の映像。紗幕越しに登場したaikoはまるで雨の中歌っているかの様だ。

そんな驚きの演出でスタートしたライブは、続く「染まる夢」「陽と陰」「ボーイフレンド」でどんどんと会場の温度が上がっていく。4曲歌い終えたところで初めて「みなさんこんばんは!aikoです!」「熱い時間を是非ともみんなと過ごしたいなと思っています」と、この日集まったお客さんに挨拶。
 
aiko、4ヶ月に亘るライブハウスツアー千秋楽はトリプルアンコールで完全燃焼!

その後も「すべての夜」「透明ドロップ」と会場に切ない空気を届けた方と思えば、余韻に浸る間もなく「エナジー」へなだれ込み、アレンジを変えて歌われた「ボブ」では、マイクスタンドを使ってのパフォーマンス。続く「milk」のイントロでは「みなさんも、宜しくお願いしまーす!」とオーディエンスを煽り、クラップとジャンプで会場一同凄まじい熱気につつまれる。

そして名物、aiko節炸裂の爆笑MC。この日は少し前に乗車した、タクシーでのエピソードで会場を爆笑の渦に導いた。他にも、韓国からこの日のためだけに日本にやってきたファンとコミュニケーションを取るなど、aikoらしいオーディエンスとのやりとりが会場を一層盛り上げる。

aiko恒例の「男子〜!女子〜!そうでない人〜!」のコールアンドレスポンスでは、待ってましたと言わんばかりに会場も応え、一気に後半戦 へとなだれ込む。
 
aiko、4ヶ月に亘るライブハウスツアー千秋楽はトリプルアンコールで完全燃焼!

後半戦の口火を切った「夢見る隙間」は、今回のツアーで初披露された4月にリリースされた最新曲。その疾走感を止めることなく「あたしの向こう」「運命」「ジェット」と続き、ライブはクライマックスへ。あっという間に過ぎた時間を惜しむように「ここで一緒に思い出をつくって!」とこの夏の時期にぴったりの「花火」で本編はラストを迎える。

鳴り止まない拍手とアンコールの声援に応え、シングル「あたしの向こう」のカップリング曲「ドライヤー」でアンコールがスタート。「みなさんアンコールありがとうございます!」と感謝を述べ、「未来を拾いに」を披露し左右を行き来しながら一人一人に届くようにと歌う姿が印象的であった。最後の曲にと「恋愛ジャンキー」のタイトルを叫ぶと会場からは地鳴りのような歓声が巻き起こり、みんなが思い思いに全力で体を動かしながら最後の力を振り絞り、会場中が大盛り上がりで幕を閉じた。

スクリーンには今回のツアーのハイライト映像と共に「さよなランド」が流れ始める。この曲は、ライブのエンディングをイメージしてaikoが作ったものだそうで、今回のツアーのエンディング曲として使用されていた。すると、曲の途中から、最終日ならではの思わぬサプライズが! 花道の中央からaikoが登場して「さよなランド」を歌い始め、会場からは予期せぬ事態にどよめきと歓声が沸き起こる。サプライズはその一曲のみならず、さらに「帽子と水着と水平線」をダブルアンコールとして披露! 残る力を振り絞るように歌い上げ、会場中も両手を掲げて飛び跳ねながら手拍子で一体となる。
 
aiko、4ヶ月に亘るライブハウスツアー千秋楽はトリプルアンコールで完全燃焼!

1 2次のページ
HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy