ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今、大阪のアメ村で一番キテるオムライスを食べてみた @『MUGUNI』(ムグニ)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

それとなく洋食を食べ歩き、中でもオムライスとナポリタンにはコダワリのある筆者ですが、とりあえずココで発表しておきます。

「日本で一番美味しいオムライスはMUGUNIである!」

と。まあ、まだ日本中を回った訳ではありませんが、筆者が食べた中でベストは『MUGUNI』である事は間違いありません。

と、言う訳で今回も大阪からオムライスの情報をお届けしましょう。

オムライス好きが通う『MUGUNI』

筆者も何度か訪れていますが、何気に女子に人気があり昼間は並ぶ事も珍しくありません。

そして!

最近では外国籍の方々にも人気の模様… いよいよ『MUGUNI』のオムライスの美味さが海外にも浸透して来たと言う事でしょうか?

『ゴルゴンゾーラドルチェチーズ』

もはや早口言葉の領域にある『ゴルゴンゾーラドルチェチーズ』ですが、やはり『MUGUNI』に来たらこの

『ゴルゴンゾーラドルチェチーズ』

のソースを使ったオムライスは必食でしょうか? 筆者も何度か食べていますが、その美味しさはブレません。

しかし、記事的には”デミグラスソース”のオムライスも抑える必要があると思われるので、ココはひとまず

『ハーフ&ハーフオムライス』で『ゴルゴンゾーラドルチェチーズ+ハヤシソース』の単品を大盛りで!

みたいな確実に舌を噛むオーダーにしてみました。いや、昔は”ドルチェ”じゃなくて”ゴルゴンゾーラ”止まりだった記憶もあるのですが、いつの間にか『MUGUNI』のチーズソースがさらに進化したのかもしれません。

『ゴルゴンゾーラドルチェチーズ』がヤヴァィ!

基本、オムライスと言えばケチャップかデミグラスソースですが、とにかく『MUGUNI』の『ゴルゴンゾーラドルチェチーズ』は試すべき一品です。

その名の通り”ゴルゴンゾーラ”を使ったチーズ的な何かのソースですが、白ワインで伸ばしているのかと思われますが、濃度がイイ感じになっていてライスと良く馴染みます。

さらに今回はハーフ&ハーフなので『ハヤシソース』すなわちデミグラスソースも楽しめる究極のオムライスです。

しかも!

筆者的には『北極星』でオムライスを食べた直後ですが、ココは思い残す事のないように”大盛り”にしてみた次第です。

若干、女子層の多いオムライスだとボリュームに欠ける事も多々あるので、基本的にオムライスは大盛りがベターです。

結果、大盛り過ぎた予感ですねw

確かにメニューには、中盛り120%(150円)とか、大盛り140%(250円)と書かれていました。

まあ、結果オーライと言う事で、美味しいオムライスが沢山食べられると思えば良い方向に転んだと思って納得しましょう。

『MUGUNI』のハヤシソース

まず、このようなシチュエーションにおいて先に食べるべきはどちらのソースでしょうか?

やはり最初はハヤシソース(デミグラスソース)から行くべきでしょうか?

料理は基本的には”味の薄い方から濃い方へ”の順番で食べると、より味が明確になるので食べる順番も考えた方が無難です。

いわゆるデミグラスソースの味ですが、比較的”トマト寄りな味付け”になっていると思います。

なのでオムライスのソースとしては軽めですが、逆に『ゴルゴンゾーラドルチェチーズ』との組み合わせを考えた場合、このくらいのソースの方が相性が良いかもしれません。

『ゴルゴンゾーラドルチェチーズ』のソース

そして反対側の『ゴルゴンゾーラドルチェチーズ』の方も試してみましょう。

とにかく香りもチーズっぽさが全面に来ていますが、その味も完全に”ゴルゴンゾーラ”の支配下にあります。

とにかくチーズのコクと言うか濃厚さが堪らない一品で、このソースがあって初めて”日本一のオムライス(筆者限定)”になると言っても過言ではありません。

まさに『MUGUNI』の看板メニューに相応しいオリジナリティとインパクトがあります。

しかも今回はハーフ&ハーフなので、最後はハヤシソースと『ゴルゴンゾーラドルチェチーズ』を混ぜて食べると言う贅沢な食べ方でフィニッシュです。

オムライスとしての完成度も高いぞ!

ソースの評価が先行しがちな『MUGUNI』ですが、そのオムライス自体の味はどうでしょうか?

まあ、言うまでも無く写真を見れば一目瞭然でしょう。トロトロの半熟卵も綺麗で、文句の付けどころがありません。

しいて言うならライスがバターライス?的な何かで、非常に印象が薄いのですが、基本的には卵料理だし、そこら辺はあまり気になりませんでした。

逆に、あまり御飯が濃い味付けでも、濃いめのソースと喧嘩してしまうかもなので、コレはコレで有りかと思います。

『MUGUNI』 総評

とにかくトロトロのオムライス好きなら、絶対に一度は訪れるべき名店だし、さしてオムライスが好きで無い人にもオススメの店と言っておきましょう。

しいて言うなら、ちょっと『ゴルゴンゾーラドルチェチーズ』とかネーミングが長過ぎて、普通の人には発音が難しいので、もう少し呼びやすい名称だと助かりますね。

筆者は”ゴルゴンゾーラ”と”ドラゴンソーダ”が同一の単語として脳内に保存されているので、ゴルゴンとドラゴンに気が行ってしまい、後半の「ドルチェチーズ」の発音で噛んでしまいました…

いっそGDC(ゲーデーセー)とか”ゴルゴライス”とかにして頂けるとオーダーしやすくて助かります。

まあ、何はともあれ『オムライスのハーフ&ハーフ ゴルゴンゾーラドルチェチーズとハヤシソース』の美味さは揺るぎないモノであり、大変美味しく頂きました。

このコッテリしたチーズのソースはクセになりますね。普通のデミグラスソースのオムライスが、物足りなく感じてしまうほどです。

中には「後半は飽きる」と言う意見もありますが、ソコは必殺の”黒胡椒”がテーブルにあるので味変して下さいって話ですよね。

若干、客層が20代の女子中心なのでオッサン的にはハードル高めですが、それを乗り越えてでも食べる価値のあるオムライスだと思います。

それでは、みなさんもアメリカ村にお越しの際には是非『MUGUNI』の『ゴルゴンゾーラドルチェチーズ』を試してみて下さい。

『MUGUNI』(ムグニ)

大阪府大阪市中央区西心斎橋2-9-5 日宝三ツ寺会館

営業時間 11:30~21:30
不定休

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP