ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【批判】現役アナウンサーが俳優に吹き替えをやらせる行為に苦言! 映画『ジュラシック・ワールド』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フジテレビ出身のフリーアナウンサー長谷川豊氏が、インターネット上で「声優以外に吹き替えをやらせる行為」に対して厳しく批判している。

・吹き替えの声がひどすぎた
長谷川アナは映画『ジュラシック・ワールド』を映画館で観たらしいのだが、日本語吹き替えの主人公の声があまりにもひどかったようで、「はっきり言って、お世辞にも褒められたものではありませんでした」と苦言しているのだ。以下は、そのコメントの引用文である。

・長谷川アナのコメント
「今回の声の吹き替えに関しては、ファンの皆様に大変申し訳ないのだけれど……。はっきり言って、お世辞にも褒められたものではありませんでした。「声だけの」演技があまりにもできていないのです。いつものままの彼の声なのです。抑揚も、チェンジオブペースも、声の技術はいくつもあります。でも、私が聞く限り、一つも効果的に使えていませんでした。ただのいつもの彼のままでした。彼の声のままなんですが、あの超の付くイケメンは画面に出ていません。声優としての参加なので」(引用ここまで)

・酷評され続ける悪しき習慣
確かに、長谷川アナの言うとおり、俳優や芸人など「声優が本業ではない人の吹き替え」が増える傾向にある。映画のみならずブルーレイ、海外ドラマ、アニメ、あらゆる吹き替え業に「声優以外の人」がキャスティングされ、酷評されている。

・激怒して不買運動
いままでも映画『プロメテウス』の剛力彩芽、映画『アベンジャーズ』の米倉涼子、海外ドラマ『スーパーナチュラル』の井上聡と成宮寛貴などが吹き替えをし、ファンから批判される事態に発展したことがあった。なかには激怒して不買運動をするファンまでいた。

・井上聡と成宮寛貴は特に酷評
特に『スーパーナチュラル』の井上聡と成宮寛貴に関してはインターネット上で炎上するほど酷評されており、「素人以下の声の演技」にあきれるファンもいたほどである。おそらく映画会社も芸能プロダクションもプロモーション効果を狙っての俳優起用だと思われるが、作品を台無しにしてまでするプロモーションは必要なのかとどうか、踏み止まって考えたほうが良いかもしれない。

https://youtu.be/VuUha6Rs7eY

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/08/15/fukikae/

Via: 何故プロの声優を使わないのだろう?

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP