ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

都内公園 蚊に刺されのほか「熱中症注意」看板も加えるべき

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 デング熱と熱中症、命をより危険に晒すのはどちらか。まず、昨年夏に大騒ぎになったデング熱から見てみよう。初の国内感染が確認され、2014年に国内発生数は162例、輸入症例は179例だった。

 デング熱の致死率は15%程度とされているが、先進国では死ぬケースは少なく、実際、昨年は日本では死者は出ていない。今のところ、日本でデング熱で死ぬ確率はゼロだ。ただし、再感染すると重症化してデング出血熱を引き起こす可能性が高まるので注意は必要だ。

 一方の熱中症。環境省の「熱中症環境保健マニュアル2014」によると、熱中症による死亡者数は1993年以前は年平均67人だったが、1994年以降急増し、猛暑だった2010年は1745人にのぼった。死亡者の大半を占めるのが65歳以上の高齢者だ。

 都内の公園などには、昨年来「蚊に刺されないよう注意」という看板が立てられているが、合わせて「熱中症に気をつける」旨も付け加えるべきである。

※週刊ポスト2015年8月21・28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
猛暑の夏 7月上旬で熱中症患者数8000人、昨年の3倍に
広東省でデング熱患者が過去最高の6000人超 日本にも影響か
熱中症 注意すべきは急に暑くなる梅雨の合間や梅雨明け直後

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。