ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

定年退職は失業扱いに ハロワ申請で失業給付受け取りも可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 公的年金などの受給額は「どんどん減る時代」に突入しているが、定年退職も「失業」なので、ハローワークに申請すれば雇用保険の失業給付を受け取ることができるのをご存じだろうか。

 20年以上雇用保険に加入するサラリーマンなら日給相当額の45~80%を150日間受け取れる。「年金博士」として知られる社会保険労務士・北村庄吾氏が解説する。

「早期退職制度に応募するなどの『自己都合』ではない、『会社都合』の失業なら給付期間は60歳以上で240日、45歳以上60歳未満で330日まで伸びます。

 また、給付期間の終了直前、国が転職に役立つと認めた技術・知識を身につける公共職業訓練を受け始めれば給付期間が延長され、訓練期間中はずっと失業保険を受け続けることができます。

 さらに、60歳以降に一度失業保険を受け取った後、別の会社に就職した場合も65歳まで1年以上働けば再度90日間分の失業保険がもらえます」

※週刊ポスト2015年8月21・28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
定年となる60歳直前でリタイアして失業給付を受け取る裏技
定年退職後は「失業給付」を利用することで月8万円おトク
雇用保険の積立金 過去最高の6兆円に達し使い切れない状況に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP