ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鈴木光司氏が娘に贈る言葉 「目的を見出したら言葉にせよ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 作家・鈴木光司氏が長女・美里さんからの問いに答える対論集『野人力 オヤジが娘に伝えたい「生きる原理」』(小学館)。美里さんからの質問は、彼氏や日常生活だけにとどまらず、「勇気」「目的」といった人生における大きなテーマにも及ぶ。父・光司氏は娘に対して、どのように生きるべきか以下のようにアドバイスする。

 * * *
 どうしても実現したい目的があるならば、どうやって手に入れるか、獲得にいたるまでの道筋を、文章にしてみることです。

 そして、その文章を客観的に読んでみる。もしそこに、希望的観測や他力本願が入り込んでいたら、それは叶わない目的ということになります。論理的矛盾もダメです。実現不可能なことを文字にすることは難しいんですね。言語化した時点で、矛盾が明らかになってしまいますから。

 戦争が始まっても、こうした「願望」混じりの作戦が数多く立案されました。こうなったらいいな、と希望的観測を浮かべるだけなら罪にはなりません。しかし、それを現実の世界にあてはめようと思ったら、必ず犠牲が出るのです。太平洋戦争では、実際多くの兵士が死んでいきました。彼らは、「願望混じりの目的」の犠牲者なのです。

 娘よ、目的を見出したなら、言葉にすることだよ。そしてその言葉をじっと見るのだ。書かれた文章の中に、論理的矛盾や他力本願が含まれていたら、目的は実現できないということだ。逆に言えば、不可能なことは文章化できない。

「願えば叶う」なんて、とんでもないファンタジーだ。夢は叶うはずだと根拠なき思い込みにすがれば、やがて破滅を招く。

 言葉にしたら、行動する。その先にしか、幸福はないのだよ。

※鈴木光司・鈴木美里/著『野人力 オヤジが娘に伝える「生きる原理』より


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
NEWSポストセブン「コメント欄」運用開始 活発な議論の場に
内職系仕事 ツイッター1クリック1円~動画投稿1万回千円~
一度は諦めながら40歳で出産した翻訳家が体験を綴った書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP