ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「速度」「時間」目に見えないものを描く林香苗武と横山裕一による二人展『浦島太郎殺人事件』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

hayashi

© Hayashi Kanae Takeshi

ykym_cover_0514_1

© Yuichi Yokoyama

 

 

TETOKAにて、2015年10月3日(土)から10月18日(日)まで林香苗武と横山裕一による二人展『浦島太郎殺人事件』が開催。

林香苗武は、1991年長野県生まれ。武蔵野美術大学油絵科卒業後、東京を中心に活動をおこなうアーティスト。2011年より「平面表現における速度」を主題に制作活動を続け、本年「速度主義宣言」を発表。現在は「速度主義」のもと、「『あらゆる摩擦や抵抗を無くした』機械の創造」を理念に、乗り物や動物など、速度を内包するモチーフを選び、かたちのない「スピード」を描く。

横山裕一は、1967年宮崎県生まれ、武蔵野美術大学油絵科卒業。物語性を放棄することで時間の流れに焦点を絞り、迫力のある擬音語とともに人工的で未来的な世界を描く。その作風は国内外で高く評価され、近年では、「横山裕一<これをネオ壁画と呼ぶ>集合する名士とけもの」(京都国際マンガミュージアム、2015年)、「横山裕一 × シュルレアリスム」(宮崎県立美術館、2014年)、「YÛICHI YOKOYAMA : WANDERING THROUGH MAPS, UNE EXPLORATION A TRAVERS LES CARTES」(Pavillon Blanc、2014年)、「これがそれだがふれてみよ」(兵庫県立美術館、2014年)など各所で個展を開催、積極的に作品を発表している。

目に見えない「時間」や「速度」をテーマに表現をおこなってきた二人による、凝縮されたエキシビション。関連イベントの続報も見逃せない。

IMG_0119 IMG_0120 IMG_0121 IMG_0122 IMG_0123 IMG_0124 IMG_0125

© Hayashi Kanae Takeshi

yokoyama1 yokoyama2 yokoyama3

© Yuichi Yokoyama

 

展覧会概要

展覧会名:林香苗武・横山裕一「浦島太郎殺人事件」

会期:2015年10月3日(土)〜10月18日(日)

[オープニング・レセプション 10月3日(土)19:00〜21:00]

[関連イベント開催 詳細はTETOKAのウェブサイトにて後日発表]

[会期中書籍ご購入特典] 本展にて横山裕一の書籍をお買い上げの方には、スペシャルなオマケをプレゼント!

営業時間:16:00〜23:00

休廊日:水曜日

イベントのある日は営業時間が変更となる場合がございます。 TETOKAホームページ、フェイスブックをご確認下さい。

会場:TETOKA

東京都千代田区神田司町2-16 楽道庵1F

Tel: 03-5577-5309

URL:http://tetoka.jp/

協力:ARATANIURANO、888ブックス

企画:Yu Murooka

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。