体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

CONVERSE TOKYO 2015-16 AUTUMN/WINTER COLLECTION ルック公開

 

1(KIKO MIZUHARA (水原 希子)) 2(YUI SAKUMA (佐久間 由衣))

 

 

3(SHUNTARO YANAGI (柳 俊太郎)) 4(SEIYA)

 

5(ANGELA (アンジェラ)) 6(JUN) 7(EIMI KURODA (黒田 エイミ)) 8(KIKO MIZUHARA (水原 希子))

 

9(YUSUKE OSHIBA (大柴 祐介))

 

“歴史性と時代性を併せ持つ、ベーシックでクリエイティブなライフスタイル”をテーマに100年以上の歴史を持つCONVERSEから生まれた新しいブランドとして2015-16AUTUMN/WINTER COLLECTIONよりデビューする『CONVERSE TOKYO』。

今回のルックブックはスタイリスト野口強氏を起用し、「東京」を代表する著名人がモデルで参加。
 “TOKYO”だからこそ表現できるカルチャーやファッション、“JAPAN”だからこそ実現できる技術を大切にしながら、新しい価値やライフスタイルを持ったCONVERSE APPARELを提案する当ブランドらしい仕上がりになった。

MODEL

JUN/YUSUKE OSHIBA (大柴 祐介)/SHUNTARO YANAGI (柳 俊太郎)/SEIYA/ANGELA (アンジェラ)/EIMI KURODA (黒田 エイミ)/YUI SAKUMA (佐久間 由衣)/KIKO MIZUHARA (水原 希子)

<問い合わせ先>
 CONVERSE TOKYO PRESS ROOM
TEL:03-3464-7811
http://converse-tokyo.converse.co.jp/

-BRAND CONCEPT-

『CONVERSE TOKYO』は“歴史性と時代性を併せ持つ、ベーシックでクリエイティブなライフスタイル”をテーマに100年以上の歴史を持つCONVERSEから生まれた新しいブランド。“TOKYO”だからこそ表現できるカルチャーやファッション、“JAPAN”だからこそ実現できる技術を大切にしながら、新しい価値やライフスタイルを持ったCONVERSE APPARELを提案する。更にTOKYOを代表するデザイナー、クリエイターを中心に新たな価値を創造するカプセルコレクションと、日本独自のオリジナリティと話題性を併せもったラインナップをそれぞれ展開する。

 

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会