ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

見田村千晴、ワンマンツアー東京公演が大盛況のうちに終了

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アコースティックギターを掻き鳴らし、力強い歌声で社会風刺や揺れ動く人間の感情の狭間を刹那に表現する見田村千晴のメジャー後初のフルアルバム『正攻法』。そのフルアルバムを引っ提げたワンマンツアー東京公演が8月14日、下北沢ガーデンにて行なわれた。

大きな拍手に迎えられて見田村千晴がステージに登場し、フロアに向かって大きく一礼すると1曲目「はなむけ」からライブがスタートした。続いて力強い歌声で「わたくしどもが夢の跡」」「レプリカ」を熱唱。バンドセットでの迫力ある演奏を魅せた。

「みなさん、見田村千晴ワンマンツアー「正攻法一択」へようこそ。バンドセットでのワンマンは久しぶりなので、楽しみにしていました。みんなお盆なのに来てくれてありがとう。ご先祖様を思いながら…いや、むしろ会場に呼びこんじゃいましょう、動員も増えるし(笑)」と見田村節で会場を湧かせた。

「実は下北沢でワンマンライブは初めてなんです。今日はとっても良い夜になりますね。最後までよろしくお願いします。」と話すと、続いて「ガール」をしっとりと歌い上げた。そしてライブでも久々に披露する「青」を演奏し会場を見田村ワールドに惹きこんでいく。「次の曲は私から音楽へのラブソングです」というMCで始まったのは「MUSIC」。曲の最後では観客を巻き込み大合唱となった。

そして、アコースティックセットにステージが転換。「だいたい思った通り」をしっとりと歌い上げ、「砂のお城」ではバイオリンも披露。続いて本人もお気に入りだという「バンドマンずるい」を演奏し、恒例のコール&レスポンスで会場を盛り上げた。

再びバンドメンバーがステージに登場。会場もスタンディングでバンドメンバーを迎えた。「ラブソング」「youth」「もう一度会ってはくれませんか」を演奏。そして「night」「愛だろうが恋だろうが」「ペーパードライバー」とライブでの人気曲を駆け抜けるように披露。最後に「悲しくなることばかりだ」でライブ本編をしめくくった。

アンコールに応えて、Tシャツ姿の見田村千晴がステージに登場! 「色んなところで私を知ってくれた人が集まって、みなさん好きな曲も、好きな部分も違うと思うんです。でも、そんな人々が集まって今夜のライブになる…今とても幸せな気持ちです。」と語り演奏したのは、まだ名前のない新曲。見田村千晴らしい、少し尖ったラブソングに会場は惹きこまれていった。

「今日は本当にありがとうございます。最後に、こんな優しい人になれたらいいなと思って書いた曲をやりたいと思います。」と語り「LIFE SONG」を歌い上げた。曲の最後には感極まり涙を見せた本人に、会場からは温かい拍手が沸き起こり、ワンマンライブ東京公演を締めくくった。

残す2公演は地元岐阜でのライブということもあり、盛り上がりが期待される。気になった人は是非ライブに足を運んでほしい。

【セットリスト】
1.はなむけ
2.わたくしどもが夢の跡
3.レプリカ
4.ガール
5.青
6.MUSIC
7.だいたい思った通り
8.砂のお城
9.バンドマンずるい
10.ラブソング
11.youth
12.もう一度会ってはくれませんか
13.night
14.愛だろうが恋だろうが
15.ペーパードライバー
16.悲しくなることばかりだ
-アンコール-
17.新曲
18.LIFE SONG

「わたくしどもが夢の跡」MV(short ver.)
http://youtu.be/QEqz81FjoSM

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
見田村千晴 オフィシャルHP
見田村千晴、メジャー初フルアルバム『正攻法』の秘話を明かす

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP