ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

サンダルの素足って見られてる! 足タコの治しかた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

150816_footcare.jpg
夏は、毎日サンダルを履きたい!
脚のラインがキレイに見える、ヒールが高めのサンダルは、スタイルアップには欠かせません。しかし、素足を出す機会が多い夏は、足のトラブルも起こりがち……。
トラブルは早めにケアして、美しい素足を保ちましょう。

軽いうちは、保護パットが使える!

今は、足のトラブル専用のばんそうこうがあります。合わない靴を履いてできてしまった、タコや魚の目は、症状が軽いうちはばんそうこうで治せるんです。
普通のばんそうこうと違い、保水性があるので、患部の水分を吸収・保持してくれ、靴による圧迫や摩擦も抑えてくれます。半透明なものがあるので、サンダルでもあまり目立ちません!
広範囲にトラブルができたときは、ジェルパッドがおすすめ。クッション性があるので、足の痛みを軽減しながら、悪化を防いでくれます。ドラックストアや靴屋さんで手に入るので、ポーチに忍ばせておくと安心です。

ヤスリで削るのは危険!

タコや魚の目などの足のトラブルは、見た目も気になるので、ついヤスリで表面を削ってしまう人もいますが、それは危険!
削ると、細かな傷が表面にできてバイ菌が入りやすくなってしまうんです。バイ菌が入り込むと、足やリンパ節に炎症が起きることも……!
とくに魚の目は、角質化した皮膚が深いところに入り込んでしまったものなので、自分で取り除くのは至難の業。セルフケアは、保護パッドを使う方が衛生的にも安心ですよ!

治らないときは、違う病気かも……

なかなか治らない場合は、違う病気の可能性が……。それは、「水イボ」
見た目が似ているので、自分ではわかりにくいのですが、水イボはウィルス性なので下手に削ったりすると、どんどん感染して広がっていっちゃいますよ! もし、保護パッドで治らないときは、早めに皮膚科を受診して調べてもらいましょう。
レーザーや薬を使った除去法など、痛みや悪化の具合に合った提案をしてくれます。
自分の足に合わない靴を履いていると、すぐに足のトラブルは再発してしまうので、靴選びは入念にしていきましょう。
image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
この夏、忘れられない女子旅にする準備はOK?
強くもむのは逆効果! セルライトの正しいケア
日本のことちゃんと知ってる? 私たちができる「おもてなし」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。