ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『世界陸上』10回連続起用の中井美穂 その理由はどこに?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、『世界陸上』10回連続起用の中井美穂アナの実力を分析。

 * * *
 8月22~30日、TBS系で中継される『世界陸上2015北京』で、今回も織田裕二と共にメインキャスターを務めるのが、元フジテレビアナウンサーの中井美穂である。実に、二人とも連続で10回目なのだという。

 中井さんが30歳でフリーになってから最初の大仕事が“世陸”。当時は、フリーになりたての人気女子アナを起用した…ということで、視聴者も納得していたと思う。

 もちろん、TBSの局アナたちは納得しておらず、「ウチのスポーツ局の幹部は自局の女子アナを信用していないらしい」「フリーになった女子アナを最初に使うのがウチ」などと同局のアナウンサーたちが嘆いているのを聞いた記憶がある。

 が、その後、同局にも他局に誇れる小林麻耶、青木裕子、田中みな実といった、人気も華もある女子アナが在籍していたものだ。また、他のレギュラーを休んでまで“世陸”を重要視する中井さんについて、私も「そろそろ後進に譲ってもいいのでは?」と新聞のコラムで書いたこともある。

“世陸=やらかす織田裕二”は定着しているし、本人もすごく楽しみにしてそうなので(苦笑)、もう降ろすワケにはいかないだろう。しかし、隣に居る中井さんを件の小林麻耶や青木裕子とチェンジしても、文句を言う視聴者はそうは居ないように思ったからだ。でも、織田・中井コンビで10回目…。

 なぜ中井美穂なのか。その答えは「織田裕二さんが中井さんを気に入っている」「中井さんは猛獣遣いだから」と私が知るTBS関係者たちは声を揃えるのだ。

 そして先日、雑誌『HERS』のインタビューで、中井美穂本人が、なぜ自分なのかということを分析していた。彼女はまず、局アナ出身者らしく、俳優・織田裕二の“世陸”への取り組み方を「カメラが回っているあいだ、言葉が途切れない(中略)驚くべき才能」「テンションが高くないとライブの実況はできません」「身体全体で現場の活気を表現されていますから(素晴らしい)」と絶賛している。

 じゃあ自分はどうなのかというと、「日頃からテンションが低い」「ノリも良くないし、明るく元気に盛り上がろうっていうパワーが自分の中にまったくない」…だから織田裕二と「バランスがとれているのかもしれません」と分析するのである。

 彼女が日芸で同級生だった放送作家の小山薫堂氏と私が、師匠が同じ“兄弟弟子”だったことから親しくさせてもらって、早四半世紀。同じ料理教室に通っていたこともあるし、いまは『エンジン01文化戦略会議』の会合で会うこともある。

 野際陽子さんや氷川きよしくんが出演していた『旅の香り』(テレビ朝日系)では、私が作家、中井さんが出演…という“仕事”も経験した。

 確かに本人の分析どおり、中井さんは自分から動いて派手なことをするタイプではない。『旅の香り』のときも、「局アナのクセが抜けなくて、どうしても聞き手にまわってしまう」と言っていたが、「中井さん、もっと話して!」「もっと自分を出して!」と感じたことが度々あった。

 でも、そこが彼女の良さであり、たとえば、NHKの女子アナ出身ながら、女優として、インテリ女性として、確固たるポジションを築いていた野際陽子さんが「横に置いて邪魔にならない人」が中井さんだった。女優さんにとって、こういう人は本当に重宝だ。

 本人も認める出不精で、食事会や旅行の段取りは全て女友達に任せっきり。『旅の香り』時代も、「彼女から情報が出て来るとはまったく期待できない」との声がリサーチから上がって来たものだが、それでも野際さん以下、問題視する人は皆無だった。

 美人女子アナというタイプではないのも、エグゼクティブキャリアウーマンたちから引っ張りだこな理由だ。中井さんを可愛がっている某有名女性が、あるとき、別の女性についてこんな愚痴を言っていた。「ある大物男性を紹介したら、こっそり二人で海外旅行に出かけてしまった」というのだ。もちろん、その有名女性には内緒で…である。呆れた“後輩美人”が居るものだが、中井さんに限って、そういうことは絶対ないと断言できる。

 とは言いながら、御主人は古田敦也氏。ここでもう彼女には“ブランド”があるのだ。それで喜んでいる人も彼女の周りには少なくない。

 冷静な中井さんは、そういうことも全てお見通し。だからといって、「私を見て!」というタイプでもないのである。

『HERS』には、「内助の功は向かないタイプ」という小見出しも躍っていた。これは以前、中井さん本人から聞いたことなのだが、現役時代、痛風に苦しんでいた古田氏。プロ野球選手の妻なら、当然、食事のことや栄養管理に気をつけなければ…と思うものだが、「大人なんですから、そういうことは自分でやってもらわないと」と中井さんはキッパリ言っていた。

 ひどい嫁? いやいや、逆に清々しいと私は思ったものである。

「これまでの人生で“やった感”は30%くらいかなぁ。“ラッキー感”は99%くらいですけれど」と『HERS』のインタビューで締めていた中井さん。

 彼女は自分のことは全てわかっている。ガツガツせず、誰かを蹴落としたりもせず、でも、BIG3といわれたビートたけし、タモリ、明石家さんま全員から愛され、いまでは笑福亭鶴瓶とレギュラーをやっている彼女。大好きな宝塚歌劇団のスターたちへのインタビュー番組でも、女性ファンに嫉妬させない絶妙なポジションなのである。

 ただ猛獣遣いというだけではない。華やかな人の隣に居て絶対邪魔をしない中井美穂。織田裕二が彼女を選ぶのも理解できよう。

 最後に、中井美穂というアナウンサーは、生放送の仕切りが日本一うまい女子アナなのである。このことについては、夫・古田敦也氏からも誉められたそうで、「唯一、誉められたこと」と中井さんは笑っていた。

 生放送は時間との闘いである。だが、時間を読み過ぎる余り、他の出演者に対し、冷たいリアクションになってしまったり、彼らがやりたいこととは、やや異なる方向に向かってしまうこともある。「うまい」と言われている高島彩アナは実はこのタイプだし、やはり「うまい」ようなことになっているが、実は台本どおりのことしかやれない近藤サトなどは私に言わせりゃ、もう論外だ。

 今年で50歳の中井美穂が『世界陸上』に10回連続で起用されるのには、こんなにもたくさんの理由があったのである。 


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「早く座れ」発言の中井洽議員 30代美女から膝枕してもらう
ヘビースモーカーOL 最近「ヤニーズ=バカ」といわれむかつく
小泉今日子・飯島直子を虜の中井貴一 オヤジギャグでもモテる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP