ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宮田俊哉 Snow Man佐久間とアニヲタ繋がりで秋葉原よく行く

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2004年からジャニーズのタレントが代々演じ継いできた『ドリームボーイズ』(9月3~30日東京・帝国劇場)。上演500回を迎える今年は、さらに注目度の高い内容となっている。3年連続で座長を務めるKis-My-Ft2の玉森裕太(25)、千賀健永(24)、宮田俊哉(26)に加え、中山優馬(21)、Sexy Zone菊池風磨(20)、マリウス葉(15)が出演ししのぎを削る。今回、宮田に“ドリボ”に対する思いを聞いてみた。

 * * *
 今回のメインキャストの中で、実はぼくがいちばん最年長になるんです。ダブルキャストで同じ役をやるマリウスは最年少で、なんか全く違う感じになりますよね。

 そのマリウスと同じことをやっても仕方ないから、新しいものに挑戦していかないとね。とはいっても脚本は同じだから、どこで差をつけていくかが課題ではあります。ドリームボーイズを進化させたいっていうより、新しいものを作っていきたいって気持ちですね。

 ぼくの役って割と暗い役なんですよ。マリウスっているだけで明るくなるイメージがあるから、そのイメージに負けない何かを見つけていきたいと思いますね。

 最近A.B.C-Zの塚田僚一(28)とはよく会って肉フェス行ったり、ご飯食べに行ったりしますね。Snow Manの佐久間大介(23)とはアニヲタ繋がりで秋葉原とかにもよく行きますよ。かわいい後輩のひとりなんです。

※女性セブン2015年8月20・27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
Sexy Zone再編 人気が分かれた原因は松島聡の家庭事情?
玉森裕太がドリボに意気込み 「僕にとってのライバルは僕自身」
2013年本屋大賞ノミネートされて映画化も決まった名作が文庫化

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP