ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「8・15」を美化せず謙虚になれと説いた韓国元大統領の演説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 韓国では8月15日は「光復節」といわれ国の祝日(公休日)になっている。1945年、日本の支配から解放された記念日ということだが、これは日本では終戦記念日で、日本が先の大戦(大東亜戦争)で米中ソなど連合国に降伏宣言した日である。

 ところがこの日が国の祝日になっているのは韓国だけなのだ。日本の支配から解放されたのは朝鮮半島だから北朝鮮も同じなのに、北朝鮮では祝日になっていない。中国(当時は国民党政府)も対日戦勝日を9月3日にしているため、8月15日は祝日ではない。

 今年は70周年ということで例年以上に記念行事やマスコミ報道が賑やかだが、実は韓国ではこの日を“民族的祝日”にするため、これまで自分たちにだけ通用する特異な歴史教育が行われてきた。8月15日について歴史教科書にはこう書かれている。

「1945年8月15日正午、ラジオから連合国に無条件降伏するという日本国王の声が流れた。光復はこのようにもたらされた。光復はわが民族の限りない闘争の結果だった。日本の突然の降伏で国内進入作戦などを通じ直接、降伏を求めようとしていたわが民族の努力は水の泡となり、念願だった自主的な政府樹立もそれだけ難しくなった」(高校「韓国史」飛翔教育社版から)

 実に歯切れが悪い。すべての教科書が「光復」については「連合国の対日戦勝の結果」だけではなく、それと同等あるいはそれ以上に「われわれの抵抗の結果」と記述しているのだ。そして「独立戦争」という名で抵抗運動の話ばかり盛りだくさんに教えてきた。

 しかし日本統治下での韓国(朝鮮)人の抵抗運動が日本の敗戦につながったという歴史的事実はない。国際的にもそんな評価はない。だから韓国は当然、連合国に加えてもらえなかった。

 したがって韓国が国民に教えているのは実際に「あった歴史」ではなく、本当はそうあるべきだったという「あるべき歴史」なのだ。日本人はこれこそ「歴史歪曲」と考え首を傾げるが、韓国人はこれこそ「正しい歴史認識」と思っている。

 そういう韓国が日本に対し官民挙げて声高に「歴史歪曲」や「正しい歴史認識」を要求し続けているのだから、日本人としては付き合いきれない。こうした特異な歴史観は自分たちだけなら勝手にどうぞだが、それを他国に押し付けるから困ったものだ。

 しかし過去の「8・15」を振り返ってみれば、歴代大統領の「光復節記念演説」で以下のような素晴らしい演説もあった。今から30年以上前の1981年、全斗煥大統領の8・15演説は次のように述べている。

「われわれの国恥について日本帝国主義だけのせいにするのではなく、当時の国際情勢に暗かったわれわれ、国内的団結を期することができなかったわれわれ、そして国力が弱かったわれわれひとりひとりのせいであることを、峻厳に自責する姿勢を持たなければなりません(中略)過去を真実以上に美化することによって空虚な自尊妄大に陥ってはなりません」

 歴史への反省というのはこういうことをいうのだろう。「反省」などというのは本来、他者に要求するものではなく自らがするものだということがよく分かっている。

 歴史というと日本に対し官民挙げていつも威猛々しい現在の韓国からすれば、ウソみたいな話である。それを大統領自ら「8・15記念演説」で語ったことがあったのだ。

 解放・光復70年の今年、朴槿恵大統領はどんな記念演説をするのだろう。「自尊妄大」に相変わらず日本非難を続けるのか、それとも民族的課題である“南北統一”という未来に向けた話に集中するのか。歴史観が問われる。

文/黒田勝弘(産経新聞ソウル駐在客員論説委員)

※SAPIO2015年9月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
拉致命じられ日本に潜入した韓国秘密工作隊の悲劇を描いた本
日本と中国・韓国・ロシア 領土問題の真実をひもといた本
韓国人が語る「○○は韓国が起源」に長崎ちゃんぽん、豆腐等

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP