ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

セブン・ライオンズ、魅惑的なシングル「Falling Away」を公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2012年にスクリレックスのレーベル、OWSLAからリリースしたEP『Days to Come』で注目を浴びたセブン・ライオンズ(Seven Lions)が、魅惑的な新曲「Falling Away」を公開した。

 サンタバーバラ出身のセブン・ライオンズ(本名ジェフ・モンタルヴォ)は、メロディアスなダブステップを前進させ、よく真似されるもののそれに匹敵するようなものはない、極めて優美なメロディーやみずみずしさ、幾重にも重ねられたシンセを特徴とするものだった。彼のサウンドは、昨年リリースの素晴らしいEP『Worlds Apart』や3月のEP『The Throes of Winter』にて、ハウスの要素やアレンジを取り入れることで発展し続けていた。

 4つ打ちの代わりにブロークンビートを再び導入した「Falling Away」は、セブン・ライオンズ作品らしいソングライティングの感性と細部まで注意が行き届いた品のある仕上がりの1曲だ。また、優しく語りかける声から盛り上りをみせるカナダ人シンガー、ライツ(Lights)の歌は、同曲の持つ聴覚的タペストリーに見事に溶け込んでいる。セブン・ライオンズがエンジニアとして鋭い耳を持っている証拠だろう。

 ライツをフィーチャーした「Falling Away」は、8月13日に米ビルボードが独占公開した。同曲はCasablanca Recordsから今年後半にリリースされるニューEPに先がけた、シングル・シリーズの第一弾で、iTunesやApple Musicなどで14日にリリースされる。

◎Seven Lions – Falling Away Feat. Lights (Casablanca Records)
https://www.youtube.com/watch?v=EKqHnwKlLNE

関連記事リンク(外部サイト)

ボンジョビアガーデン、一夜限りでオープン決定
ジャネット・ジャクソン、実に14年ぶりの来日公演が11月に開催決定
ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーが10月に待望の2ndアルバム発売

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。